2020/12/2

四国八十八ヶ所霊場巡拝の旅〔其之拾八〕 第67番〜第70番  Ohenro88

  11月25日〜12月4日(9泊10日) 『四国お遍路さん(八十八ヶ所霊場巡拝)の旅』 (18)

琴弾公園内の琴弾山の中腹に位置する同じ境内の中にある四国霊場唯一の一山二霊場、第68番神恵院と第69番観音寺を巡拝後、琴弾山を山頂まで登ると、有明浜に描かれた巨大な砂絵が、眼下に現れます。白く輝く砂絵、"寛永通宝"の銭形と、周りの樹木の緑、瀬戸内海のブルーと、雲一つない青空のコントラストは、一見の価値あり。その見事さは感動ものでした。寛永10年(1633)に、藩主・生駒高俊公が領内を巡視することになった折、地元の領民たちが領主歓迎の気持ちを現わすため、急遽、有明浜の白砂に鍬を入れ、銭形の砂絵、"寛永通宝"を一夜にして作りあげたと伝えられています。東西122m、南北90m、周囲345mもの大きさの楕円形ですが、琴弾山から眺めると、きれいな丸い円形に見えます。現在も砂の芸術として保存されていて、毎年、春と秋に砂をきれいにする砂ざらえがボランティアにより行われているのだそう。今年はコロナ禍で、ボランティアによる砂ざらえが実施されたかどうかわからないとの事前情報も、心配には及ばず綺麗な姿を拝観できました。これを見た人は、"健康で長生きし、お金に苦労しない"といわれています。近年では、銭形を見て宝くじを購入した人が高額をあてたことから、金運スポットとして改めて知られているとのこと。年末ジャンボ宝くじに大いに期待しましょうか。


【第67番 大興寺】
小松尾山 不動光院 大興寺(こまつおざん ふどうこういん だいこうじ)
 〒768-0101 香川県三豊市山本町辻4209
 [ご本尊] 薬師如来
 [ご真言] おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
 天平14年(742)、熊野三所権現鎮護のために東大寺末寺として現在地よりも約1km北西に建立され、延暦11年(792)、弘法大師の巡錫を仰ぎ、弘仁13年(823)、嵯峨聖帝の勅願により再興された。地元では、山号にちなんだ"小松尾さん"の名で親しまれている。

仁王門
クリックすると元のサイズで表示します

本堂
クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

天台大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



【第68番 神恵院】
七宝山 神恵院(しっぽうざん じんねいん)
 〒768-0061 香川県観音寺市八幡町1-2-7
 [ご本尊] 阿弥陀如来
 [ご真言] おん あみりた ていぜい から うん
 四国霊場唯一の一山二霊場で、第68番神恵院と第69番観音寺は、琴弾公園内の琴弾山の中腹の同じ境内に存在します。日証上人が、大宝3年(703)この地で修行中、宇佐八幡宮のお告げを受け、海上で神船と琴を発見。琴弾山に引き上げ、琴弾八幡宮を建立し、神宮寺として建てられた寺が起源。大同2年(807)、弘法大師が琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来を描いて本尊として祀り、院号を「神恵院」とし第68番霊場とした。

仁王門
クリックすると元のサイズで表示します

本堂
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



【第69番 観音寺】
七宝山 観音寺(しっぽうざん かんのんじ)
 〒768-0061 香川県観音寺市八幡町1-2-7
 [ご本尊] 聖観音世音菩薩
 [ご真言] おん あろりきゃ そわか
 観音寺が第68番神恵院と同一境内にあり、開基も創建の時期や由縁も同じ。大同2年(807)、弘法大師は琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来像を納めたとき、この寺の第7世住職となって入山したと伝わる。大師は、中金堂、東金堂、西金堂の様式で七堂伽藍を建立し、その中金堂には本尊とする聖観世音菩薩像を刻み安置した。さらに、この地に仏塔を建て瑠璃、珊瑚、瑪瑙などの七宝を埋め地鎮をしたことから、寺名を七宝山観音寺に改め霊場に定めた。

本堂
クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

薬師堂
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



〔銭形砂絵 寛永通宝〕
瀬戸内海国立公園内、琴弾公園の有明浜に描かれた巨大な砂絵。東西122m、南北90mもの大きさながら、江戸時代に領民が藩主を迎えるために一夜で造ったといわれる。"銭形を見た人は健康で長生きし、お金に苦労しない"という言い伝えがあり、第68番神恵院、第69番観音寺のある琴弾山の山頂から見下ろすことができる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



【第70番 本山寺】
七宝山 持宝院 本山寺(しっぽうざん じほういん もとやまじ)
 〒769-1506 香川県三豊市豊中町本山甲1445
 [ご本尊] 馬頭観音
 [ご真言] おん あみりと どはんば うんはった そわか
 四国霊場で五重塔があるのは、竹林寺、志度寺、善通寺とこの本山寺の4ヶ所だけであり、また、本尊が馬頭観世音菩薩であるのは四国霊場では唯一。大同2年(807)、平城天皇の勅願で弘法大師が一夜に建てたという一夜建立の寺。およそ2万uの広大な境内には国宝の本堂はじめ、仁王門、五重塔、鎮守堂、大師堂、十王堂、赤堂(大日堂)、慰霊堂、鐘楼、客殿などが並び大寺として栄華を極めた当時を偲ばせる。 

仁王門
クリックすると元のサイズで表示します

本堂(国宝)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

五重塔
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ