2021/5/9

vs 鹿島アントラーズ 〔J.League Division1第13節〕  FC TOKYO

5月9日『 鹿島アントラーズ vs FC東京〔J.League Division1第13節〕』 カシマサッカースタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
前節、5月1日無観客開催の横浜F・マリノス戦の惨敗を受けて、チーム立て直しに期待がかかる東京でしたが、改善はみられず、ボロボロのサンドバック状態のゲーム展開で、シュート2本にCK1本と反撃もできず、なんとも醜いゲームでした。5月病を発症、メンタルによくありません。ゲーム後、健太監督は「アグレッシブな東京のサッカーを取り戻さないと、この苦境を脱することはできないので、全員でひとつになってやっていきたい」とコメント。堅守からのショートカウンターを持ち味とするチームが、今季は攻撃バリエーションを増やし得点力を強るための4−3−3システムにチャレンジするも、一向にハマることはなく、逆に持ち味の堅守が崩壊してしまったよう。結果がすべてのプロスポーツ。チッピ上での選手諸君の覇気を感じられず、言い訳的なプレーが目立ちます。この期に及んで、チームがひとつになっていないのなら、お話になりません。SNS上では、不協和音コメントをあげた選手が炎上したり、健太監督更迭論議まで出てくる始末。ルヴァン杯優勝翌シーズンはドツボにハマるのがジンクスとなりそうです。ここから、J1残留争いに巻き込まれるのか、再浮上するのか、今シーズンを占う分水嶺に立つ東京。我々ファン・サポーターにとっても試練の時と覚悟するしかありません。頼むぜよ!バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お初にお目にかかります。ようこそ東京へ。No.5 ブルーノ・ウヴィニ選手!
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 泥沼のリーグ5連敗に怒り&嘆きの涙!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ