2021/8/25

vs ベガルタ仙台 〔J.League Division1第26節〕  FC TOKYO

8月25日 『ベガルタ仙台 vs FC東京〔J.League Division1第26節〕』 ユアテックスタジアム仙台。クリックすると元のサイズで表示します
先週末のG大阪戦をスコアレスドローで3連敗を回避した東京は、ここが踏ん張りどころ。下位のベガルタからは是非とも勝ち点3を持ち帰らねばなりません。過密日程もあり、ブラジル人トリオと森重をスタメンから外したターンオーバー気味で挑みます。FWは謙佑、亨介のコンビ、トップ下は洋次郎、タマと柊斗がダブルボランチを組み、右SBに鈴木準弥をスタメン初起用、CBはツヨポンとオマリの布陣。このオマリ起用が大ハマリとなります。一方の仙台は1トップにケイマンを起用。久しぶりに、元青赤戦士の雄姿も見どころのひとつでしょう。さてゲームは、前半17分、左CKをタマが蹴り込むと、飛び込んだオマリが強烈なダイビングヘッドを突き刺し、先制ゴール。オマリ劇場の始まりです。ゴール後、一目散で健太監督の元へダッシュ&グータッチするオマリに、しおらしい謙虚さを見ました。前半を1点リードで折り返すと、不用意な諒也のファールで与えたFKに、これまたツヨポンが軽々とマークを外され失点。やらずもがなの失点で同点に追いつかれてしまいます。その後、ゲームは一進一退の展開が続きましたが、終盤後半44分、準弥の右CKに、オマリがペナルティエリア内で倒され、PKのチャンスを獲得。このPKを、後半AT2分、ディエゴが、GKのタイミングを外す、後だしジャンケンキックで冷静に沈め劇的な決勝ゴールをあげました。レバノン戦士に主役を譲ったものの、スタメン起用の洋次郎は、キックオフ直後から積極的にゴールを目指しピッチを所狭しと躍動しチームを鼓舞していましたし、謙佑も前線からのプレスをかけ活き活きと謙佑らしさ全開。また、準弥も初スタメンに応える躍動を見せてくれました。よしんば、クリーンシートを抑えられていれば、途中出場のディエゴとアダウイトンを休養させられたかもしれませんが、ボランチ起用のモリゲをこのタイミングで試せたことは良しとしましょうか。チームはJ1リーグ戦、7月11日湘南戦以来、5試合ぶりの勝利で、アウェイ7連戦をラスト1ゲームを残して2勝2敗2分の五分の星に戻しました。残すは、中2日で、ヨッチが加入した神戸戦。厳しき闘いを予想されますが、アウェイ7連戦を有終の美で飾りましょう。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半17分 No.32 ジョアン・オマリ タマの左CKにダイビングヘッドで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半44分 No.32 ジョアン・オマリ 準弥の右CKの競り合いで倒されPKゲット!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


後半45+2分 No.9 ディエゴ・オリベイタ PKを華麗に決め決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝! J1初スタメン! No.28 鈴木準弥(右SB)
クリックすると元のサイズで表示します



祝! FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選 レバノン代表選出! No.32 ジョアン・オマリ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.42 富樫敬真選手! お元気そうで何より。益々のご活躍をお祈りいたします。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー! 壇場のPK弾で、5試合ぶりの勝利!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ