2021/11/3

vs 清水エスパルス〔J.League Division1第34節〕  FC TOKYO

11月3日『 FC東京 vs 清水エスパルス〔J.League Division1第34節〕 』 味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
名古屋グランパスのルヴァンカップ制覇でセミファイナルの悔しさが再燃する文化の日。アウェイIHI日本平の借りを味スタで返したい清水エスパルス戦。この日はGK豪がスタメン、懲罰出場停止明けのレアンがベンチに入りました。ゲームは、開始早々の7分、中途半端となった権ちゃんのキックを、アダが拾うとワンツーからボックス内に侵入し左足一閃。これがゴール右隅に決まり幸先良い先制ゴール。さらに前半12分、右サイドのFKを拓海が蹴ると相手DF同士が競り合って結果オウンゴール。オマリのオフサイドがVARチェックを受けるもプレイに関与していないとの判断でゴールが認められます。前半飲水タイム直前の前半24分、拓海から洋次郎にキッカー代えたCK.スピードあるボールにセンターでディエゴがヘッディングで叩き込み、ほぼゲームを決める3点目のゴールをゲット。そのまま3点リードでむかえた後半もほぼ東京ペース。オマリが痛んでピッチを去ったのが心配でしたが、復帰したレアンがお得意のFKも披露、惜しくも右ポストに嫌われましたが健在ぶりを見せてくれました。スポーツマンシップへの冒涜行為は許されるものではありませんが、つくづくルヴァン・セミファイナルに彼がいたら・・・と悔やまれて仕方ありません。ゲームは後半42分、タマのCKにモリゲが余裕のヘッドでダメを押しの4点目ゴールでジ・エンド。東京は「4−0」の大勝で連敗を3でストップ。権ちゃんにはお気の毒でしたが、久しぶりに胸のすく快勝に万々歳。とは言えリーグ戦に立ち返れば残念なシーズンには変わりなく。この日、リーグ戦は川崎フロンターレが優勝、王者の力は万人が認めるところ、素直にその栄誉を称えます。おめでとうございました。我々は残り4ゲームをしっかり締め括ろう! バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キャプテン 洋次郎 vs 権ちゃん
クリックすると元のサイズで表示します



前半7分 No.15 アダウイトン 左足一閃!グラウンダーシュートで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半12分 オウンゴール 拓海のFKから相手DFがヘッドで2点目となるゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半24分 No.9 ディエゴ・オリベイラ 洋次郎のCKにドンピシャヘッドで3点目ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半42分 No.3 森重真人 タマのCKに合わせてダメ押しの4点目ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



レアンドロ復帰!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お元気で何よりです!
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 前半飲水タイム前の3発で勝負あり!4ゴール圧勝!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

胸を張ってまいりましょう!
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ