2019/11/30

vs 浦和レッズ 〔J.League Division1第33節〕  FC TOKYO

11月30日『FC東京 vs 浦和レッズ〔J.League Division1第32節 』味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
いよいよクライマックスのホーム最終節は、ACL決勝の激闘が記憶に新しい浦和レッズ戦。"浦和に勝つ時は優勝する時だ!"ゆってぃコラムに触発され、俄然気合みなぎる味スタとなりました。ゲームは、立ち上がりから東京ペース。前半4分、5分にディエゴの続けざまの決定機はGKのファインセーブ連発、7分の永井のシュートがぎりぎりDFがブロック。10分CKからの高萩のヘッドはほんのわずかに枠外へ。結果的に前半早々の猛攻で先制ゴールを奪えなかったことが、ゲーム展開の分水嶺だったでしょうか。前半39分CKからの流れで浦和に先制点を許すと、前半のうちにディエゴが負傷交代。痛んだ後、一度はプレイ再開するも、結局ピッチを去るディエゴの口惜し涙に言葉もありません。不穏なムードのゲームは、1点ビハインドの後半、またしてもアクシデント発生。後半10分、ライン際でDFと交錯転倒の永井が右肩負傷。古傷の脱臼かもしれませんが、永井も戦線離脱。この時点で、東京自慢の大看板2トップを失うことに。何ともフィジカルの攻防激しくなる浦和戦の因縁めいたものを感じつつの応援に。すると後半24分、CKから永井に代わったナ・サンホのシュートのこぼれをディエゴに代わった田川が押し込んで同点ゴール。ここから"必死のパッチ"の東京でしたが、このまま「1−1」でホーム最終戦は終了。まずは、2012年、2016年に続いてACL出場を決め、最終節の敵地横浜Fマリノス戦にJ1逆転優勝へ一途の望みをつなぎました。勝利の女神は、大どんでん返しのJ1優勝のドラマを用意してくれているでしょうか。負傷の2トップの動向も気になりますが、今日の前半立ち上がりのゴールへの猛ラッシュが再現できれば・・・夢は現実のものに。兎にも角にも健太トーキョー2019年の闘い、優勝を信じて次節日産に馳せ参じます。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半42分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ 負傷交代
クリックすると元のサイズで表示します


後半12分 No.11 永井謙佑 負傷交代
クリックすると元のサイズで表示します



後半24分 No.27 田川亮介 CKから混戦を押込んでJ1初ゴールは値千金の同点ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー ACL出場(4年ぶり3回目)決定! 残すはJ1初タイトルだ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ