2019/7/4

vs 桐蔭横浜大学 〔天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会 2回戦〕  FC TOKYO

7月3日『FC東京 vs 桐蔭横浜大学〔天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会2回戦〕』クリックすると元のサイズで表示します
九州は線状降水帯による災害レベルの大雨で厳重警戒が必要との報道のさなかに、サッカー観戦する後ろめたさを感じつつ、今にも振り出しそうな曇天の味スタへ。天皇杯2回戦名物は、"ジャイアントキリング"ですが、ここはJ1の貫録を見せつけ3回戦進出を決めたいところです。東京は主力組をほぼ休ませ、拳人がキャプテンマークを巻く以外10人をターンオーバー。ゲームは、前半からチャンスをものにできずもどかしい時間が続き、如何にもこれが"天皇杯"という難しい展開に。前半は一進一退、アクセル全開の大学生チームに苦しみました。それでもスコアレスで迎えた後半5分、マコのスローインから輝一のパスに、ウッチーが抜け出し、倒れ込みながらのシュートはニアサイドを撃ち抜き先制ゴール。U-18から昇格3年目にしてトップチーム初ゴールを決めてくれました。その後は、ビッグチャンスを演出しつつも精度を欠き、一方、桐蔭横浜大も攻勢を強めますが、CKやFKのチャンスを活かせず、ウノゼロのままタイムアップ。後半立ち上りのウッチーのゴールを辛くも最後まで守り切り、他会場でのジャイアントキリングを知るに、終わってみれば順当な勝利でしょうか。建英が退団し、さらに宏介、名古屋グランパスへの完全移籍が発表された翌日に、ニューフェースの台頭を感じることができたのは嬉しいかぎり。特に、トップ昇格後、長らくケガで苦しんできたウッチーのルヴァンカップに続く結果を残す活躍は、感涙もの。天皇杯3回戦はヴァンフォーレ甲府戦となりましたが、まずはリーグ戦が最優先。次節のガンバを叩き、その勢いをもって、"多摩川クラシコ"の大一番へなだれ込みましょう。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キャプテン拳人
クリックすると元のサイズで表示します



後半5分 No.28 内田宅哉 起死回生、虎の子の先制ゴールは、トップチーム初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー ターンオーバー、ウノゼロ勝利で天皇杯2回戦突破!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

"TOugh & INtelligent"
クリックすると元のサイズで表示します

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ