2019/6/16

vs ヴィッセル神戸 〔J.League Division1第15節〕  FC TOKYO

6月15日、『FC東京 vs ヴィッセル神戸〔J.League Division1第15節〕』味の素スタジアムへ。クリックすると元のサイズで表示します
代表戦ウィークの中断期間2週間に、7人の代表青赤戦士たちの話題で大いに盛り上がったものの、日本代表・伏兵FWとして一旗揚げた永井は右肩を負傷し、日本代表で鮮烈なデビューを果たした建英はレアル・マドリードへ完全移籍、U-20W杯では田川がハムストリングスで全治約6〜8週間と、一転、攻撃陣容が悩ましくなってきたトーキョー。この日は、J1初スタメンの輝一に大いに期待です。対するは、1週間前のトルステン・フィンク氏の監督就任発表後の初陣となる神戸。こちらは初お目見えのイエニスタに注目が集まります。ゲームは、イエニスタと山口蛍の両ボランチが安定したボール回しでゴールをうかがう神戸に対し、お得意のショートカウンターで決定機を演出する東京という展開。スコアレスでむかえた後半4分、西大伍のパスはフリーのイニエスタへ、"El Ilusionista(手品師)"の華麗なる右足シュートがゴール左隅に突き刺さり、イニエスタの鮮やかな一撃で神戸が先制します。その後、東京もインス、サンホに安部柊斗を投入し反撃を試みますが、結果的には、これが決勝ゴールとなり、東京はJ1リーグ戦ホーム初黒星。ゲーム後、6試合ぶりに復帰したイニエスタの先制ゴールを守り切ってのトルステン・フィンク監督初勝利に狂喜乱舞する神戸ベンチが印象的でした。一方の東京は、室屋、輝一らが決められるところで決めきれていれば、全く違った展開だったでしょうか。建英の移籍発表後だっただけに、勝たねばならないゲームを落とした東京ですが、シーズンを通してこの神戸戦がエポックメーキングだったと言われないためにも、次週のルヴァン杯、セレッソ大阪戦、次節リーグ、ベガルタ仙台戦が大事に。攻撃陣の奮起を祈ります。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.36 安部柊斗(MF) J1デビュー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.8 アンドレス イニエスタ 〔Andrés Iniesta Luján〕 MF
ラ・リーガ制覇9回 UEFAチャンピオンズリーグ優勝4回 2010年ワールドカップ優勝
FCバルセロナのルイス・エンリケ元監督が「世界遺産」と称した芸術的な司令塔
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.7 ダビド ビジャ 〔David Villa Sánchez〕 FW
2010年ワールドカップ得点王 スペイン代表の歴代最多得点を誇るゴールゲッター
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 今季リーグ戦ホーム初黒星
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お元気そうで何よりです
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

10339 (トーサンサンキュ-)
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ