2017/9/9

TOKYOウォーク2017第3回大会〔青梅エリア〕  Walking

9月9日、『TOKYOウォーク2017』第3回大会 青梅エリアに参加し完歩。クリックすると元のサイズで表示します
前回は7月でしたから2か月ぶりのウォーキング大会。Bコース(11km)は、青梅市総合体育館をスタート、ゴールに、青梅街道まで北上し、青梅街道を西へ、東青梅三丁目交差点を再び北上、途中、川沿いに西へ"青梅鉄道公園"方面へアップダウンの道を行きます。"青梅鉄道公園"から下り坂を下り、青梅駅前を通過、"釜の淵公演"内で多摩川を渡り、再び青梅街道を河辺に戻るコース。ウォーキング大会のスタート&ゴール地点が体育館の中というのは初体験。陽射しはきつかったものの個人的にはマイペースで疲労感をあまり感じることなく完歩することができました。途中、"青梅鉄道公園"でひと休み。"青梅鉄道公園"は、1962年(昭和37)に鉄道開業90年記念事業として旧日本国有鉄道が開設した、実物の鉄道車両を保存展示公開している公園。現在はJR東日本が所有する鉄道の文化施設として、㈶東日本鉄道文化財団が運営にあたっているとのこと。園内には、鉄道開業時に活躍した蒸気機関車をはじめとする貴重な鉄道文化㈶としての車両が11両、屋外展示されています。小さなお子さんも多く来園されており、記念館内の鉄道模型のジオラマや、屋外でのミニSL"弁慶号"にて黄色い声がはずんでいました。親子連れの皆さんを微笑ましく眺めつつ、いまどきのお子さんに「鉄道」という言葉が通じるのだろうか、やっぱり男の子が多いなぁなどと、おじいちゃん気分(?)。初秋の清々しいウォーキングとなりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


"青梅鉄道公演"〔JR東日本〕
クリックすると元のサイズで表示します


"D51"〔1940年 汽車製造〕
クリックすると元のサイズで表示します


"クモハ40"〔1935年 田中車輌工場〕
クリックすると元のサイズで表示します


"110"〔1871年 ヨークシャーエンジン社〕1872年(明治5)新橋〜横浜、日本初の鉄道3号車
クリックすると元のサイズで表示します


"8620"〔1914年 汽車製造〕大正時代を代表する旅客用機関車(C型) 愛称「ハチロク」
クリックすると元のサイズで表示します


"9600"〔1913年 川崎造船〕大正時代の標準的貨物用機関車(D型) 愛称「キューロク」
クリックすると元のサイズで表示します


"ED16"〔1931年 三菱電機・三菱造船〕昭和初期の国産電気機関車
クリックすると元のサイズで表示します


"E10"〔1947年 汽車造船〕旧国鉄が最後に新製した蒸気機関車
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ