2007/4/21

G.A.Wagner B♭管  
これは売り物ではありませんが、師匠から写真を送ってもらいましたので、アップします。
Robert Schopperはじめ、F.A.Heckelの弟子筋はいい楽器をつくっていますが、一番Heckelに近い、というか忠実にそのノウ・ハウが伝えられたとされるのがG.A.Wagnerです。
この楽器は1930〜1934年頃作らた物と思われます。彫刻は、Gustav Adorf Wagnerですがベルフォームから息子Richard Gustav Wagnerの製作と思われます。1934年以降は、自分の名前で製作していました。 殆ど使用された形跡も無いデッドストック物です。3代目Theodor Alwin が工房の後継者に任命したのがご存知Arno Windischですが、もしRichard Gustavがそこそこ若かったら…というぐらいF.A.Heckelの伝統をしっかりと受け継いだ楽器です。

状態はごらんの通りMintConditionで、オリジナル・シルバープレートです。オーナーさんが入手してオーバーホールをかけようと中を見たところ、殆ど使用した形跡がなかったそうです。
現在オーナーさん引越しで荷物を整理しているので、うまくいけば出物としてご紹介できるかもしれませんね。
HeckleBellForm、美しすぎます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ