2007/6/16

RotaryのD管  
現在自分で所有しているのは、OriginalHeckelのCopyをMeyerに作ってもらったDresdenTypeですが、最近身内がMonkeのD管を購入しましたので、ちょっと話題にします。MonkeのD管は多分1960年代に2代目が作ったC管をそのまま縮小した形にしたタイプで、後にMaxEndersのような巻のE♭/D管とは少し違います。ボアサイズも11mmではなく10.8mmぐらいだと思います。ただシャンクが少し短いので現在合うMPを作成中だそうです。一方僕のD管はC管のベルを使ってますので、良く鳴ります。慣れるまで音程とり難いですが、シンフォニーでパリパリ吹けますので、第九やブラ2なんかでは重宝します。それ以外にあまり使い道なさそうですが、Mozartなんかは意外に使えます。B♭管やC管ではコントロール難しい音域をppでポーンと軽く鳴らすときなんかは、本当に助かります。LechnerやWeberなんかも使いやすそうですが、普段Heckel系を吹いているので同じ感覚・Feedbackで吹けるのがいいですね。
今のオケの相方がMeyerのB♭管(HeckelModel)なので、2本で吹いてもいい感じでブレンドします。
クリックすると元のサイズで表示します←これがMeyerのD管
クリックすると元のサイズで表示します←こっちはOriginalHeckelD管
クリックすると元のサイズで表示します←こっちはMonkeのD管
0

2007/6/11

Windischの縦型Rotary売りたし!  
以前こちらでご紹介し、反応なく、ドイツ・イーベイに出品され落札されたものの落札者都合でキャンセルになりヤフオクに出品するも落札されていないWindischの縦型Rotaryです。
楽器としてはあのWindischですので、間違いありませんし、このタイプはベルをヘッケルの金型で作っていますので、ベルだけはヘッケルフォームになっています。その後何本か縦型のロータリーは製作されていますが、管の巻きもベルフォームも変わっています。
警察音楽隊向けに納品されていますので、Rotaryなんだけど縦持ちで吹きたい!というニーズに応えた珍しいものです。ドイツでは今尚TrompeteというとRotaryでピストンは"JazzTrompete”という印象をお持ちの方も多いようです。
実際、僕がドイツのアマオケにいた際に、ドイツ人のラッパ吹きもいたのですが、かの地ではディキシーランド・ジャズが盛んで、ドイツ人のクセにディキシーランド・ジャズもやるもんだからRotaryは吹けない、などど抜かして日本人(もう一人楽器の師匠がいました)2人がRotaryを使って、ドイツ人がBachを使用する、といった珍妙な光景のまま、チャイ5をやった記憶があります。
今では殆どがRotaryでこなせる(F管以外の全調子を揃えたので)ようになりましたので、ピストンは殆ど出番がありません。このままだとフランス物までRotaryで吹きそうな勢いです。同じピストンでも吹奏感がRotaryに近いものを選ぶようになりました。さすがにトラ用にBachのB♭/Cぐらいはそろえましたが。
で、話を元に戻すと、今回格安でお譲りするそうですので、縦持ちならRotary吹いてみたい・・・という人や格安のWindischを所有したい、という方があれば、Mixiのコメントください。折り返し金額等細かい連絡します。セキュリティの関係もありますので、ブログ上では細かい内容は差し控えますが。
では、宜しくお願いします。(大体1週間ぐらいですかね、期限は)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/2

SchilkeのE♭管(E3L-4)  
SchilkeのE♭管、E3L-4です。本当はE3-Lが欲しかったのですが、あまり使う機会がなかったのと、その当時既にE2DGPを持っていたので、優先順位としてはものすごく低かったです。たまたま師匠がE3L-4のベリリウム・ベル仕様を持っていたので、格好は知ってました。いつだったかの楽器メッセでベルリンの楽器屋さんが中古品を展示していたのを見つけ、E♭管だけで、D管の替え管はなかったのですが、値段が安かったので日本に帰国してから購入しました。吹いた感じはE2DGPより音程良かったです。一度マーラーの2番・復活のトラに出た際に最後のHigh-Cの箇所をこれで吹いたことがありますが、音程が上ずってしまい、まだ使いこなせていません。
E♭管の割りには、ベルが大きいのでオケでも充分使えます。少しガタが出始めたので、そろそろオーバーホールでもしようかと思います。でも殆ど出番なしですが。
ベルリンの楽器屋で格安で出ていたのは、D管がなかったからでしょうね。特殊管の需要の中で、ピッコロについで高いのはE♭管なのでしょうが、学生が購入するにしてもD管がないとなかなか手がでないようです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ