2008/3/21

Max Enders三昧  
えーっと、ドイツで調整してもらっていたEndersが2本届きましたので、アップします。両方ともイーベイ落札品です。

B♭管の方はめずらしくドラムロータリー付ですが、マシンは多分Mainzに戻ってきてからのものでミラフォーン製だと思います。一番管が手前に曲がっているのと、ウォーターキーがイタバネ式なので、ちょっとヘッケルっぽいですね。
主管はリバース管になっていて、中にもう一本あります。C管の写真を以前載せましたが、同じです。

G管の方もそこそこ古いのですが、何しろ音色が抜群ですね。High-B♭管ピッコロのような線の細さは微塵もありません。ふくよかに高音も鳴ってくれます。やはりEnders、侮れませんね。さすがです。

今回はG管用に特別にMPも新調しました。W.C.Schmidtの158Lというモデルです。158YLは持っていたのですが、ちょっと大きいのかな?正確なモデルはb"158Lですが、'b"'の意味がわかりません。

これで、Max.Endersは3本になりました。日本中でMax.Endersのラッパを3本所有しているヒトは(物好きともいいますが)なかなか居ないのではないでしょうか?(もし居たら自慢し返してください)。E♭/D管も何度も手放そうと思ったのですが、やはりあの音色の魅力は捨てがたいものがあります。

残念ながらB♭管はフルに吹けるほど状態がよくありませんが、Endersを語る上で抜くことはできませんね。

ということで、"超大物"入荷までのつなぎですが。Endersネタでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2008/3/20

F.A.HeckelのB♭管  
いつも使っているので、忘れがちですが1930年代のOriginal F.A.HeckelのB♭管です。トリガーも何もありませんが、音程も問題なくものすごくよく鳴ってくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ、この時期にOriginalF.A.Heckelか、というと最近"不作・・・”と嘆いていたら久々の"超大物"が入荷するかも・・・という伏線ですね(笑)。
ちょっと"超大物"過ぎてあまり実感がわきませんが、またこのF.A.HeckelのB♭管同様身内と共同所有になりそうです。

F.A.Heckelについては、既にMixi内にコミュが立ち上がっているので、詳しくはそちらをどうぞ(師匠が管理人ですが)。

今回はプロもの、というよりはポザウネンコーアものみたいでコンディションは抜群そうです(一応もとプロものということにはなっていますが、プロ所有品は個人的にコレクションしていたもの以外、殆どヘタってるケースが多いです。彼らにしてみれば"道具"ですので使い倒してなんぼ、でしょうから当たり前ですが・・・)

近々アップします
1

2008/3/15

不作の時期・・・。  
最近『これ!』っていう楽器がなくて少しストレスが溜まり気味です。春先で体調もあまりよろしくないことから、ブログもサボってます。
以前Piccoloの範疇に入る楽器をリストアップしましたので、おさらいします。
特殊管はいつ見てもいいですね。どなたか変わった楽器売ります!という方がいらっしゃったら、ご一報ください。基本的に1メーカー2本以上で、特殊管なら尚よし、というポリシーですので、宜しくお願いします。ちなみに現在1本しかないメーカーは
K.Knoth(D管)
M.Lechner(High-B♭管)
LondonBesson(D管)
J.Monke(Fluegelhorn)
です。
まず、YAMAHAのHigh-B♭管YTR-915です。
クリックすると元のサイズで表示します
高校生の時に、戸○先生から譲り受けました。O.H.&金メッキ後がけです。
次にCalicchioのHigh-B♭管
クリックすると元のサイズで表示します
Horntraderから購入です。ちょっといじってますが、ブラックバーンのリード、いい感じです。
ピストン最後は、SchilkeのC5-4です(写真上です。下はP6-4で既に売却しました。)
クリックすると元のサイズで表示します
e-Bayで購入。音程に難あり、ですがいい音はします。出番全くなし、です(笑)。
RotaryではLechnerのHigh-B♭管です
クリックすると元のサイズで表示します
続いてG管ピッコロです(あまりピッコロというつもりはないですが)。
YAMAHAのYTR-9710(F管替え管付)とSchilkeのG1L-4(手前)です。
クリックすると元のサイズで表示します
特にこの2本はコメントなしです。両方とも殆ど使ったことありません。YAMAHAはF管にしてプルチネルラの最後だけ使いました(運指が楽だったので)。
Rotaryはこの2本です。
EndersのG管ですね。現在日本に向け輸送中。
クリックすると元のサイズで表示します
幸運にもドイツ・イーベイで落札できました。
で、いつになったらできるのかわからない、Meyer-Body/Monke-BellのA管上昇管付のG管
クリックすると元のサイズで表示します

これだけあるんだから、もういいだろう・・・って思うときもありますが、コレクションですので終わりなんでしょうね(笑)。最近ネタ切れ気味に拍車がかかってますので、同じ写真ばかりで恐縮です。投稿、コメント大歓迎ですので宜しくお願いします。

でも、本当に、最近欲しい!と思う楽器ないなぁ・・・。欲しい楽器は沢山あるんですが、なかなか予算と折り合う出物がないっていうか・・・。
0

2008/3/8

ケースはケースでも・・・。  
昨晩ヤフオクで負けました・・・。終了直前にPCがハングアップして差せませんでした。ここしばらくは勝った試しがありません・・・。かなり落ち込みます。
で、気を取り直して、ケースの話です。
ケースはケースでも楽器のケースではなく、Mouthpieceのケースです。一番直近の落札品でもあります。
出品者曰く、『VintageSchilkeMouthpiececase』だそうですが、どもにもSchilkeロゴはありません。確かに中身はSchilkeのケースと同じモール素材ですが・・・。
でも結構大きくてどんなMPも入ります。何も入っていないとガタつく感じがしますが、MPいれると結構しっかりします。
手持ちで一番ヘッドの重い且つでかいSchmidtのSonder3CMとSchilkeの13A4a、Schimidtのロータリー用SonderModelleを入れてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
外観はこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにSchmidtで作ってもらったケースはこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
Mouthpieceは楽器に比べて少ないのと、使うものが決まっているので本数要らないので、ケースも必要なかったのですが、楽器ケースにMPホルダーがないものが多いので
保管用ですね。

ちなみに使用するMPは以下の通りです。
ピストンB♭管&C管 Bach-3CまたはSchilke22
ピストンD管&E♭管 Bach7E
ピストンHigh-B♭  Schilke5A4
ピストンFluegel  Bach 1CFL
ロータリーB♭管/C管/D管 SchimidtSonderまたはHJK1
ロータリーHigh-B♭ Schmidt158YL
ま、メーカーによってたまに変えますが。Monetteはありますが
殆ど使ってません。リムが合わないんだよなぁ・・・。個人的にはSchilkeとか
Schmidtの様な平べったいのが好きです。
MBケース(楽器用の)、買おうかなぁ・・・。
0

2008/3/2

ケース探し・・・。  
またまた、しばらくご無沙汰です。
なかなかブログのネタがないのも事実ですが、ここ最近イーベイで立て続けに
負けて、かなりへこんでおります。

最近では、BachのChicagoModel等についてくるDoubleCaseを狙いましたが、
日本へは送らない、なんていう了見の狭い出品者だったりしていいものが手に入りません。悩みのタネはドラム式のロータリーで、縦(横管というぐらいですので縦ラッパのように入れようとすることを意味します)に入れられるケースが殆どない、ということです。

現在マイヤー始めドラム式ロータリートランペットは、Thein経由で作ってもらった特殊ケースに入れています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
でもこれは保管用ならまだしも、持ち運びは出来ません(笑)。電車でも持ち運べるようなケースを探していますが、なかなか帯に短し襷に長しでありませんね。DACオリジナルのケースもシアズのマンモスも試しましたが、ドラム付2本はNGでした。昔の茶色のBachのDoubleはOKそうなんですけどね・・・。
2本は諦めて、こんなのもどうかな?って考えてます。
http://www.thomann.de/de/schilke_koffer_fuer_trompete.htm
これは身内がもっているものですが、中身はProtecだそうです。横置きと縦置き一本ずつ入って背負えます。
あと、値段は高いですが、Wisemanで特注もできるようです。これもつい最近身内がQuadrupleを頼みました。10万円超え(!)でしたが。
ケースのコレクション癖はないのですが、Wolfpakが5つと一番多くなってしまいました。縦持ちできるものと出来ないものとがあるので、ビミョーに使いにくいのですが。
こちら普通のダブルケース
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはトローリー式のフリューゲル/トランペットのダブルケース
クリックすると元のサイズで表示します
ほんでもってトリプルケース
クリックすると元のサイズで表示します
クワッドですが、もはや持ち運び不可能(笑)。完全に保管用か車で移動のときのみ。
クリックすると元のサイズで表示します
珍しい、フリューゲル&トランペットのケース。汎用性なし。かなり重い。
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ