2008/9/21

Kleinanzeigen_2  
現在ヤフオク中ですが、委託で預かってます。

まず、B.C.MeyerのTrompetinaです(B♭管)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
商品の詳細は、ヤフオクをご覧いただくとして(笑)、ちょっと吹いてみましたが、やっぱりB.C.MeyerのHeckelModelです。いい音してます。トリガー付いてませんが音程は問題ありません。持った感じがコンパクトなので結構思いっきりいけますね(力かけやすい、という意味です)。
ロータリーコルネットとしては、過去こんなのありました。
クリックすると元のサイズで表示します
既にヤフオクで売却しましたが、珍しいAlexanderのコルネットです。悪くはなかったのですが、気に入らなかったので売却です。それ以外ではこれも仕入れました。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと巻が変わってますね。これもどうしようもないコンディションだったので売却です。ちょっとオークションをナメてました・・・。
ロータリーコルネットには縁がないようで・・・。

委託品はMPもあります。
W.C.Schmidtのピッコロ用MP2本です。両方コルネットシャンクなので適用楽器が限られますが、面白い逸品ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
これはSolist Maximで、こちらは完全に特注品
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと試しましたが、リムの形があいませんでした。そこからしてNGです。
SchilkeのリムとScmidtのリムは平べったくて似ているんですけどね。

いずれにせよ、結構お買い得な金額ででてますので、興味のある方
はご連絡ください。
0

2008/9/9

Kleinanzeigen  
えーっと、無事おさらい会は終わりました。結局B♭管はB.C.Meyer、E♭管はM.Enders、PiccoloはM.Lechnerを使用しましたが、最後のHigh-E♭で果てまして、録音にはしっかりと途中脱落の音が入っていることでしょう。後輩諸君、申し訳ない・・・。

さておき、ドイツの友人からオファーがありましたので、お知らせします。
まず、委託の委託(笑)。YTR-937B♭管です。
クリックすると元のサイズで表示します

ラボモデル始めヤマハのRotaryは受注生産品じゃなかったでしたっけ?YTR-935もいい楽器でしたが、この937も格好いいですねぇ。Heckelです、殆ど(音色は別ものですけど)。

で、本家本元のF.A.Heckelです。これも今回のオファー品です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

もともとはProf.Goethelというバイロイトなんかでも吹いていたHeckelマニア所有品です。S字飾りは嫌いだったのでとってあります。それと後付でトリガーついてます。それ以外はHeckelの中でも後期のものなので、すぐに使えるでしょうね。

もうひとつはベルだけです。SchilkeのE3-LにBachのベルつけるのはマルサリスがおなじみですが、239ベルフレアでOsmunMisicが作りました。今回はベルだけのオファーです(楽器本体持ってる人限定ですね)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

興味のある方、コメントください。Mixiからの方はメッセージでも可です。引き続きF.A.HeckelのC管も売り出し中です。ちょいユーロ落ち着いてきましたかね。今が買い時かもしれません・・・。
0

2008/9/3

おさらい会  
だいぶご無沙汰しました。

ネタ切れなのも事実ですが、ここ最近、オークションでまけまくってるのと、
了見の狭い出品者の出品を落とそうともがいていたのも影響してます。

さて、出身大学オケの金管セクションの"おさらい会"なるものに初めて参加することになりました。"おさらい会"とは"発表会"みたいなもので、コンサート形式ではあるものの、
観客は殆ど関係者、という内輪なものです。

で、さる大先輩(スミマセン、BEEGEEさん)のお誘いもあり、末席を汚すことになりました。

先週の土曜日から合同練習に参加した(といってもあと練習はGPしかない・・・)のですが、その際に持参した楽器です。ちなみにその大先輩からのクチコミで結構このブログをご覧いただいている大先輩方がいらっしゃることを知り、アオくなってます。かなり本人ハズカシイんですけど、逆に変なプレッシャーもあったりして、わけわかりませんね(笑)

で、楽器の話に戻ります。今回の演目ではE♭コルネットパート担当、ということでE♭管(一緒の先輩はPiccで対応です。E♭面をB♭管での読み替え、何年やってないだろう・・・・。)とあと本物のHigh-B♭管パート、そしてアンコールピースでB♭管とのことで、計3本(普通は読み替えるので2本でOKですが)持参しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ですが、ワタクシという人間をよ〜くご存知の方なら慣れっこなのですが、ワタクシが3本程度で済むハズもなく、もう1セット持参です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年同じOBオケに『どーせアマチュアなんだからピストンデフォルトだろ・・・』とタカをくくってワグナープロの練習にMonette(爆!)のC管持って行ったらほぼ全員ロータリー!でやられた!という思いをしましたので、今回は一応ロータリーセットも持参しました。

考えてみれば現役諸君もいたのでそうそうロータリーはそろえられないなぁと、今に思えば『楽器自慢野郎』みたいな自分がハズカシイです。
で、ピストンセット(笑)です。
クリックすると元のサイズで表示します
SchilkeのB3、E3L-4、C5-4(HighC管)です。E3L-4以外はe-Bay品(笑)です。C5-4はHighC管のくせにHigh-Cがめちゃめちゃ音程悪いです!開放で絶対取れません!(笑)。でも今回が初めての本番になるかもしれないので、なんとか変え指考えます(2・3ですかぁ)

ほんでもってロータリーセットです
クリックすると元のサイズで表示します
F.A.HeckelのB♭管(1940年代の3代目TheodorAlwin作)、Heckel-MeyerのE/E♭管(今はE♭管になってます)、LechnerのHigh-B♭管です。一番使えたのはLechnerかなぁ。あ、ヘッケルはケースから出しましたけど吹いてません、厳密にいえば。

正直E/E♭管は最初RotaryのE♭コルネットを作ってもらうつもりでオーダーしたのですが、E-Natural管がなかったので、途中からE/E♭管になりました。MPがちょっとでかいせいかバテるときつくなってきます。E♭管で吹いてますが、基本E管なので、吹奏感がピッコロに近いせいだと思います。たかだか半音なのにもう一本あるE♭/D管とはえらい違いです。

そんなんで、正直本番で使う楽器、まだ決めてません。実はまだB♭/E♭/Piccoloは別の楽器でセット組めるんですよねぇ。フフフ(笑)。ま、みなさんに迷惑かけない程度にあそばさせていただきます・・・(ニヤリ)。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ