2008/12/27

いままでありがとうございました。  
えーっと、AOLのブログでずっと続けてきましたが、イーアクセスがAOLの業務の一部を終了するのに伴い、1月31日を持ってこのブログも閉鎖になります。引き続きAOLのメールサービスはあるようですが、ブログは他の会社に移ってしまうようで、これまで無償だったのが有償になったりするようですので、とりあえずこのブログは終わりにしようと思います。

これまで、色々な方とお知り合いになれました。色々な書き込みをいただいたり、意外にファンが多い、なんてお世辞を頂いたりしましたが、ネタ切れもありちょうどいい機会なので終了します。

とはいえ、Mixiの方は引き続きやってますので、気が向けばそちらの日記か、また新たにAOL継承先で続けるかもしれません。

その節は『こいつ相変わらずおバカだなぁ・・・』ぐらいで楽しんでいただければ、と思います。

最後を飾るのは、本日届きましたM.LechnerのC管とJ.MonkeのNaturalTrumpetです。まだ吹いてませんがモンケは3ホール、レヒナーはキーが3つ付いてますので、どんな感じになるのやら・・・。これでC管は4本です。

金融危機の影響をモロに受けてる業界で働いてますので、多分コレクションはこれで最後だろうなぁ・・・。

本当はドイツ・イーベイにでていた今日終了のTheinのCorno da caccia欲しかったです・・・。誰かが1830ユーロで落札してました。元値と円高考えると爆安ですね。日本の方かしら・・・。

皆様、来年はどうかよい年になりますように。

GPがLechenrで、それ以外はおなじみですね。(F.A.Heckel/Heckel-Meyer/Schilkeです)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらがMonkeのNaturalTrumpetです。まだ運指分からず。倍音しか出せません。クルークはB♭/C/D/E♭とあります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2008/12/21

R.Schilkeは金メッキがお似合い。  
今日、身内と3時間カラオケいってきました。
はっきりいって、オヤヂ2人カラオケにこもってラッパ吹いているのは
気持ち悪いですし、勝手に吹きまくるとうるさくて練習にもなりません(笑)。

身内はBachのB♭管とC管をあっさり売り払い、現在SchilkeのS22GPとS22CGPを
使っています。

両方金メッキなので、お手入れ簡単で見た目も鳴りもものすごくいい感じです。

残念ながらSchilkeの金メッキはC-5GPしか持っていません(それ以外は7本全部
SPです・・・)。

量より質を追うのであれば、S22GP/S22CGP/E3-LGP/P5-4GPが最強なんでしょうね。
世の中にはたくさんいらっしゃるんでしょうけど。

結果的に質より量でいってしまっているので、持っている楽器でGPは
SchilkeのC-5GP,YAMAHAYTR-915(後がけ)、LechnerのC管とPiccしかありません。

でもSchilkeはやっぱりGPが格好いいですし、合ってますね・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/12/12

Canadaからの荷物  
Trumpet HeraldのMarketPlaceでみつけたBengeのFlhr&Tptのケースが届きました。
本体は50ドルでしたが、送料がその倍かかりました(笑)。

革の部分がぼろぼろでしたが、ラッチはしっかりしているし、とってもしっかりとしているので、革の部分のみ修理しようかと思います。誰か格安で修理してくれるお店をご存知でしたら教えてください。

Bengeは写真の通りLosBengeとBurbankBengeです。いい楽器なのですがそろそろオーバーホールしてあげないと・・・。

2本とも思い出深い楽器なのでなかなか手放せませんね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ