2010/12/18

Schilke from Europe  
暫くご無沙汰してましたが、また最近友人からオファーがありましたので、アップします。両方ともヨーロッパからなんですよねぇ・・・・なぜか。

まず最初は、珍しいG1L-4です。以前小職も所有していました(E-NaturalBellとF管スライド付き)が、暫く使用しなかったので売却してしまいました。

今回のものは、旧東独のオケ奏者が使用していたもので、多少金メッキパーツがついちゃったりしてます。

替え管はF管用スライドと2番管がもう一個ついているそうです。実はコンビネーション楽器の場合、一番短い2番管の調整が一番難しいそうで・・・。

小職もE−NaturalのベルとF管スライドをレトロフィットするためにシルキーの工場に送り返す際『2番管の調整が必要だから楽器送り返してね・・・』といわれました。単純にベルとスライドだけ買えるのかな?と思ってましたので意外でしたね。

今回のオファーはG管、F管、E-Natural管までセットされています。通常G1L-4はG管オンリーですので、かなりお買い得です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Vioworldに出品されていますので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。金額は送料別・輸入消費税別で2500ユーロだそうです。

さてもう一本も珍しい仕様です。丁度1年前ぐらいにS22CLB(C管Lボア・ベルチェンジ・ベリリウムベル)をポーランドの友人と交換した話は掲載しましたが、同じ友人から今度はB♭管のオファーです。

S32LB(B♭管MLボア・ベルチェンジ・ベリリウム)です。C管の方は丁度C管を探していた先輩に譲りましたが、本人とても気に入ってくれているようで、何よりです。
写真は以下にあります。

http://s13.photobucket.com/albums/a281/E_no/S32L/


もうチョッと磨いてから送るそうです(笑)。

これもVioworldに出品されてます。送料別・輸入消費税別で1900ユーロだそうです。べりリムベルだけで、まともに買ったら10万円以上しますので、お買い得かも。

でもなんでUSからじゃなくヨーロッパからなんでしょう・・・・。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ