2012/3/11

Schilke A2C  
先ほどまで、後輩たちのベルリン・ライブをネットで視聴していました。ものすごく精緻な演奏で、感動しました。しっかし今はホントに女の子が多くなったものです。
明らかに『この娘、カメラマンの好みだな・・・』ってな感じで曲とは無関係のショットが多かったりします。

いろいろ本人達にとってはあったのでしょうけど、いい思い出になってくれることを願います。特にアルペンの首席君は『High-Dの音程がいまいちなので、MP選び付き合ってくれませんか…』と相談され、YAMAHAの銀座にBreslmairのカップを選びに付き合ってあげたことがあります。緊張からか、Hihg‐Dは今一つ(High-D key= Water Keyを使わずにチャレンジ)でしたが、素晴らしい音してましたね。お疲れ様。

さて、少し横道にそれましたが、SchilkeのC管コルネット、A2Cをまた仕入ました。以前所有していたものは、BEEGEEさんにおゆずりしましたが、かなり上玉の中古品がでたので仕入れてみました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

現在C管コルネットを探していた、というきゃりさんのところで試奏してもらってます。気に入れば購入かな?

最近は本当に仲介業が忙しく、今年になってから何本仲介したことか・・・。基本趣味なのと、売り主(大体アメリカとドイツ)のやり取りを語学の勉強だと思ってますので、苦になりませんが(笑)。

そのうち税関から刺されたりして(笑)。

楽器の説明がありませんでしたが、A2CはMLボアでMLベルです。A7CというMボアLベルのものもあるようですが、現在SchilkeのHPには掲載されてません。C管の明るさとコルネットの柔らかさを持ち合わせた素晴らしい楽器です。ま、以前にも記事掲載してますので、詳しくはそちらを(笑)。

来週からドイツに10日ほどでかけます。今回は土日を挟むので、こうご期待!
0

2012/3/4

Windisch_D  
ドイツの友人からオファーのあった、WindischのD管ですが、先輩が無事購入の運びとなり、本日到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

以前仲介したGuettler教授所有のものよりさらに古いもので、たぶん1958-1960年頃の製作だと思われます。

細かい作りはやはり1954年に工房を引き継いで間もないこともあってかHeckelににています。スライドの合わせにポチを打ってあったりとか。

吹いた感想ですが、D管は音程に難ありのものが多い中、とても音程がいいです。まだオープンにして吹いていませんので音色・吹奏感の評価はできませんんが、値段の割に状態はいいものだと思います。
こちら彫刻の写真
クリックすると元のサイズで表示します
D管でC管のような巻ならいつもおなじみのB.C.MeyerのD管がありますので、そちらと比較。
クリックすると元のサイズで表示します

MeyerのD管はC管ベルがついてますので、ベル径は比較になりませんが、取り回しの違い等は見て取れますね。

ちなみに、このドイツ人の友人から紹介されて、実際に買い手を見つけた楽器はなぜかすべてD管です(笑)。オリジナル・ヘッケル、モンケ、ヴィンディッシュ×2すべてD管なのは、不思議ですね・・・。
1

2012/3/3

Tief-E♭  
PCの入れ替えに伴い、しばらくご無沙汰しました。いまだに前のPCのデータが移行できていません(泣)。

で、昨日届いたのですが、金欠により現在ヤフオク中(笑)のG.A.WagnerのロータリーE♭アルトトランペットです。
クリックすると元のサイズで表示します

アルトトランペット、しかもロータリーとなると日本ではほとんどお目にかかることがありませんが、軍楽隊等では使用された(現在も?)ようです。

G.A.Wagnerは好事家の間ではF.A.Heckelの愛弟子として有名ですね。3代目テオドアが工房を継がせたかったぐらい腕の立つマイスターでしたが、すでに高齢になっていたため、お断りした、という経緯があります(その後工房は亡くなったヴィンデイッシュ氏によって受け継がれました)。

楽器はマニア垂涎のFederSpanner付ですロータリー・スライドとも問題ないです。幅の狭いクランツがついています。彫刻もきれいです。
クリックすると元のサイズで表示します

アルトトランペットを吹いたことがないので、どのくらい手に負えない(?)代物なのかまだわかりませんが、トランペットアンサンブルでは活躍するでしょうねぇ・・・。

本当は手元に残しておきたいくらいの超レア品なのですが、すでに長管のF管を購入し(現在調整及び440Hz=Aで演奏できるようにクルーク製作依頼中)なので、
お金もないことから、惜譲です・・・。

ちなみにかなりでかいです。ヤフオク見てもらえばわかりますが、師匠のテオドア作ヘッケルと比較するとこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

誰か買ってくれないかなぁ・・・・。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ