2012/4/15

Monke-Meyer  
今回引き取ってきた楽器で、以前製作途中の写真をアップしたB.C.Meyer作、Monkeのピッコロ用ベルをくっつけた、A上昇管付のG管です。
クリックすると元のサイズで表示します

Lechnerのピッコロとの比較は、こんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

明らかに何か変ですね(笑)。裏から見るとよくわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

何か一つ多いです(笑)。Aの上昇管は4番になりますので、”レ”を4番で取れます。
音程は4番の方がいいです。吹奏感もオープンでいい感じです。

同じG管でも3ロータリーと比較するとこんな感じ(3-4-5ロータリー)
クリックすると元のサイズで表示します

問題はLow-C以下用のいわゆる4番ロータリーが左手で操作するように逆になっているのですが、指かけとのバランスで、ベルを全部握らないと操作でない点です。

右側に変えてもらうか検討中。でも右手の親指は下からの支えになっているので、
実際は4本指で5本のロータリーを操ることになり、それはそれで大変・・・(笑)。

音色・音程は最高で、ヴィヴァルディのコンチェルト用に(Faでいけるので、B♭より運指が楽)、と購入しましたが、A管もかなり使えます。
上昇管使えるようになるまで、時間がかかるなぁ・・・。
0

2012/4/7

2日目・・・  
日曜日は、まず6年ぐらい前に注文していた楽器が出来上がったので、そのテストを実施しその後、数々のオファーをもらっているDr.君のところに遊びにいってきました。

2010年の9月にあって以来2年ぶりぐらいですが、髪の毛が大分短くなっていました。

今回は彼の勤務先の大学ではなく、自宅近くの福音教会(プロテスタント系)です。

中はこんな感じです・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

Dr.君が所有しているF.A.HeckelのB♭管3本とC管に、今回オファーを受けているF.A.HeckelのB♭管を試奏しました。
クリックすると元のサイズで表示します
それと師匠も今回同行してもらい、師匠のF.A.HeckelのC管と師匠の師匠の楽器(M.Enders-C管)も持ち込み、僕が購入したSchagerlのB♭管とともに吹き比べです。

こちらオファーのあったF.A.Heckel
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

マウスパイプと、ロータリーはWindischにより交換されています。旧東独のプロの持ち物だそうで、マウスパイプを交換した際に全体をずらしたため、S字飾りが逆向きにつけられてます。

吹奏感もしっかりしており、まだまだ現役で使用できます。送料込で30諭吉でお釣りきます。

こちらは僕が『売れ!』といってもなかなか売らないF.A.Heckel(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こっちは、友人のThomas君から購入したものらしいですが、クランツなしのFederSpanner付でした(ベル写真のみ)
クリックすると元のサイズで表示します

Schagerl-HansGanschモデルとF.A.Heckel
クリックすると元のサイズで表示します

師匠の師匠から引き継いだMonkeの3ロータリーピッコロと今回引き取ってきた、MonkeベルのマイヤーG/A管。
つい最近HorntraderでもMonke3ロータリーピッコロが売りに出ていましたが、巻が違いますね。
クリックすると元のサイズで表示します

ほんの1時間ちょっとの滞在でしたが、やっぱりいろいろ吹き散らかすと楽しいですね。

次回は、Dr.君のNYBach/Mt.Vernonのコレクションを見せてくれるそうで・・・(笑)。

ようやく日本も桜が開花して今日あたりは絶好の花見日和ですが、ドイツではすでに初夏の陽気で、桜も一足早く咲いてました・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/4/3

行ってきました!  
本日爆弾低気圧のおかげで、普段よりずっと早く帰宅できました(笑)。

先週の木曜日に無事帰国し、多少仕入れてきました。

今回は、土日がひまだったので,
Sindelfingen→Nuernberg→Duesseldorf
Duesseldorf→Muenster→Duesseldorf→Veihingen/Stuttgart
という2日間で約1500キロほど走行しました。

ですので、ほとんどが車の中にいたことになります。

車中からの風景
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


今回の目的の一つニュルンベルグの楽器店に寄って、Schagerlの新作、Hans-Ganschモデルを試奏し、購入しました(日本はまだ未導入?)ドイツの楽器店で新品のロータリートランペットが置いてある楽器店は珍しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

Lechnerの新品があったので、吹き比べましたが0.5mm厚にも関わらず、ものすごく軽い!吹きやすい楽器です。
クリックすると元のサイズで表示します

円安に振れてしまっているので、それほど安くはありませんでしたが、ま、楽器を購入するのも最後かもしれませんので満足してます。

お店の方は親切で(すべてドイツ語ででしか話してくれませんでしたが・・・)ケース以外も色々くれました。BEEGEEさんへのお土産を購入し、次の目的地デュッセルドルフに移動・・・

ところが、途中A3でフランクフルトを過ぎたあたりで事故渋滞に巻き込まれ、約2時間近く足止めを食いました・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
皆あきらめて車外に出てきてしまっています・・・。本当はMUSIKMESSEにも行きたかったのですが、これではとても無理です。

とりあえずこの日はホテルにチェックインし、翌日に備えることにしました・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

続きはまた。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ