2013/5/26

長管と短管  
1890年代の長管F管を仕入れたのは以前アップしましたが、
変態オヤヂのこだわりで、1メーカー2本以上、というポリシーのもと、同じ1890年代の同じメーカーの楽器を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します

Karl Schamal, Pragと刻印があります。"Karl"は"Karel"と一緒ですね。商売としては、1879年から1892年に楽器制作をやっていたようで、
父親のWenzel Schamalから工房を引き継いだとのこと。A.Saxの所でも修行したようですので、腕は確かです。1892年から彫刻が"Gebr. Schamal"となってますので、この楽器は間違いなく1892年以前に作られたものです。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

近代までは長管が主流で、所謂現代のB♭管は短管と呼ばれてました。
この2つの楽器の関係性はよくわかりませんが、二本ともピッチはハイピッチです。F管はクルークを見つけてもらい、モダンピッチのFで、今回仕入れた楽器は、C管とのフレコミでしたが、ハイピッチです。

吹奏感は2本ともナチュラルっぽいですが、ハイトーンは気持ちよく鳴ってくれます。音程はもともと期待してませんですが、開放が高めなのはご愛嬌ですね(^_^)

オリジナル・ヘッケルもそうなのですが、ある曲のフレーズを吹くと信じられないぐらいハマる場合があります。この楽器、この曲やったことあるな?と思うケースが多いです。

Schamalに話を戻しますと、この楽器、珍しいロータリーになってます。ロータリーキャップがそのまま軸受けになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
120年前の楽器ですので、色んな歴史があるんだろうなぁ、と思うと、結構ノスタルジックです…(^o^)

少しづつ手をかけてあげて、出来れば現役で使ってあげたいですね。
0

2013/5/21

F.Syhre!  
こちら何度も登場のSyhre父遺作のダ・カッチャ
クリックすると元のサイズで表示します
で、今回、マイミクさんに頼まれて落札し損ねた、と思ったら、ドイツの友人が落札してた楽器(^_^)

案の定思ってた楽器と違ったようで、委託で預かりました。
クリックすると元のサイズで表示します

Corno da cacciaっていうよりポストホルンですな。凹みが11箇所(ぱっと見)あったりしますが、バルブ調整だけしたようです。

幾ら欲しいのか確認中。ユーロ高なので、結構するだろうなぁ…
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

因みにケースとMPは付きませんが、A管は付きます。


凹みがないとこれぐらいしますね。
http://www.markt.de/hagenburg/sonstiges/corno+da+caccia+v+meister+syhre+leipzig+inkl+koffer/recordId,2d1b3690/expose.htm

送料込みで28諭吉弱ってとこですか…って高っ!

先程取って来たので勿論まだ吹いてませんm(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します


こうユーロが高くっちゃ、何も買えまへん。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ