2016/4/22

初志貫徹!  
えーっと、本日アトランタからのブツ、届きました。

今朝帰国したので眠い目をこすりながら郵便局までBEEGEEさんと取りに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

SchagerlのVienna D管です。ご覧の通り、主管に支柱がないので完全に改造品でしょうね。トリガーはコンビネーショントリガーです。

基本的に楽器収集(?)のポリシーは「1メーカー2本以上」でそれは守ってます(笑)。ピストンはSchilkeで落ち着いているのですが、ロータリーは楽な方へ楽な方へ・・・・。

Schagerlにハマったのは、ドイツでHansGanschモデルのB♭管購入してから、です。それまでC管も興味なかったんですよ・・・

今回の楽器はアトランタ響がB、C、Dと購入したものを入れ替えで売却したもので、たまたま後輩がアトランタ駐在だったので、直接首席君から手渡しで受け取ったものです。

まだ吹いてませんが、良さそうですね。これでVienna、お揃い!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ああ、本当に誰か僕につける薬、ください・・・・(涙)。
3

2016/4/9

B♭管 for Sale!  
しばらく前からヤフオクに出品してますが、現在ドイツから3本ほどオファーが来てます。

一本目はFederSpanner付きのF.A.Heckelです。1930年代の製作で、前オーナーはプロ奏者だそうです。また貝ボタンはオリジナルだそうです。3番管のウォーターキーは後付けですね。
若干息漏れがするようですので、オーバーホールが必要です。価格は交渉可ですが、送料込みで2500ユーロならいけそうです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

もう一本はTheinのB♭管です。1990年代製作で、ラージベル仕様です。詳細は不明ですが、タインにしては安目だと思います。こちらも送料込みで2200ユーロでいけるはず。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

で、出どころは別のですが、モンケのB♭管です。オーセンティックなベルリナーモデルです。ボア11.4mmで、2番と3番のパイプ及びヘビーボトムキャップ付き、さらにベルインナーは金メッキで新品同様だそうで。現在40万円(送料別)ですが、交渉可です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

おまけ。こちらは後輩君に仲介したLechnerのC管\(^o^)/
多分C管だけで6本目ぐらいのです。マニアの間では探している人が多い1980年代の製作で、まだ管厚サインがない頃のモデルです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

で、いちばん最後にサービスショット(^O^)
なんだかわかったヒトは、僕と同じぐらいのビョーキかも( ̄▽ ̄)
クリックすると元のサイズで表示します
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ