2016/9/25

Spada Bach  
久しぶりに更新です。

現在ウラジオストクに演奏旅行に出かけている先輩がBachのPhillyを後輩嬢に譲ったため、BachのC管新調です。

スイスの中古楽器屋さんから仕入れました。239ベルですが、マウスパイプは43です。マウスパイプが交換できるようになってます。改造はスイスのSpadaで行ってます。サウンドポストが付いているのでそれなりに抵抗がありますが、Bachらしい音がします。

クリックすると元のサイズで表示します

サウンドポストを固定するためにわざと凹ませたのか、無理にくっつけて凹んだのかわかりませんが(多分後者だと思います。笑)、凹んでます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Braceを外した部分はメッキが剥がれていますが、それ以外は結構いい状態です。
ガリレオのC管と比べるとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

現在ピストンのC管はSchilkeとMonette、それにGalileoを使っていますが、やっぱりBach欲しくなりました。トラ先がBachのことが多いケースがありますので。

と言っても、よく出る友人のオケは皆Schilke(C3HDGP、S22CGP)なのでSchilkeのCXーLGPでバッチリなんですけどね。ロータリーもLechnerだし。

でもBachのB♭管とC管は最低欲しいなぁ・・・・。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ