2017/4/21

Aus Österreich 2  
色々探していたLechnerのC管ですが、ようやく届きました。

管厚0.45mmでフルキー付き、押金に若干使用感ありますが、金メッキも綺麗です。マウスパイプだけ、Fehrerというメーカーのものに替えられてます。

現在Lechnerのオリジナルのマウスパイプを使っているプロは殆どおらず、みんなFehrerに替えているそうで・・・。

つい最近のものは支柱が若干凝ったものになっているようです。

でも新品は日本で100万円!高くなりました・・・。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2

2017/4/6

フルコンプ?  
えーっと、基本1メーカー2本以上、というポリシーで楽器を収集(?)していますが、お気に入りのメーカーはあるもんです。

僕の場合はシルキーが好きでコツコツ集めて来たらこんなになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

以前はこれにC管コルネットがありましたが、BEEGEEさんに譲ってしまったので、本当の意味でのフルコンプではないかもしれませんが・・・・。

B♭管(B1L×2)、C管(CXーL)、E♭・D管(E3–L)、G・F・E管(G1–L)、E♭管(E3L–L)、High–B♭管(P4、P6ー4)、High–C管(C5ー4)、フリューゲル(プロトタイプ)
で、今回昨年ドイツで吹いたG1Lー4を入手( ̄^ ̄)ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

ボディのみSPでベルがGPです。ベルはオリジナルでピッコロベルです。通常G1Lー4を注文するともう少し大きなベルが付きます。前のオーナーが新品時に注文したようです。吹奏感はピッコロのようですが、もう少し太い音がします。

なかなかE3L–4とG1Lー4は市場に出ないのでレアですね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ああ、誰かホントに僕につける薬下さい・・・・(T_T)
5

2017/4/1

Aus Österreich  
以前チョロっとだけ写真載せましたが、譜面台に乗るぐらいにコンパクトなC管(ウソです)が本日到着しました
v(^_^v)♪

あ、因みにホールはウィーンの楽友協会ホール(いわゆるムジークフェラインザール)です。エグモント序曲演奏したそうです(笑)

今ではカタログ落ちしている、SchagerlのHörsdorfです。Heavyではありません。
キーはCとAが付いており、1番管と3番管のコンビトリガーになってます。
マシンはZirnbaurではなく、Schagerl製のものになってます。
このロータリー、好き嫌いはあるかもしれませんが、物凄く軽くてフィンガリングし易いです。Zirnbaurのかっちりした重めが好きなヒトもいるかもしれませんが、オッさんにはこちらの方が楽( ◠‿◠ )
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何故か彫刻のところがうす〜くなってますので、わかりにくいかもしれませんね。

コンビトリガーは最近の流行りのようで、結構見かけます。SchagerlのD管にもついてますが、基本同じですね。
3番管の取り付け方だけ、C管とD管は違ってます。
クリックすると元のサイズで表示します

仲介がらみなので、僕の楽器ではありませんが、ロータリーのC管はホントによく出ますね。日本人は最初に買うロータリーは必ずC管ですもんね。基本はB♭管なんですが・・・。

友人が撮った写真はこちら。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ