2017/11/3

C管ってやつは・・・・。  
折角の三連休ですが、本日出勤で足がパンパンです(本職をご存知の方は納得いただけると思います)。

さて、このブログの熱心な読者の方がC管ピッコロを仕入れられた、とのことで写真を送っていただいたので、アップします。
C管ピッコロといえば、ラインホルト・フリードリッヒ先生のブランデンブルク2番ですね。皆さん憧れるようで・・。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

型番はYTRー9910でしょうかね。このタイプとは別にCーBーA管のタイプがありますね。ヤマハは音程が良くてホント使いやすい楽器だと思います。カク言うワタクシもブランデンブルク2番を演奏した際は、友人のYTRー9830を借りて演奏しました。当時はYTRー915(ショートのピッコロ)しか持ってなかったので。

因みにシルキーシリーズはこんな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

4・5・6ですね(笑)。後輩嬢がP7(3バルブ)持ってますので、いつの日か4・5・6・7(P7ー4も知り合いが所持)揃えたいですぇ。

C管は華やかな音色で、吹く方も聴く方も魅了します。C管だけ揃えるとこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

フリューゲルホルン、ロータリー、コルネット、ピストン、ピッコロ、ぜーんぶC管です。これにコルノ・ダ・カッチャ
C管あります(マラ3用に貸し出し中)。

C管ってやつは・・・・。
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ