2018/1/31

◯と❌  
コルノのダブルケース(B♭管とC管)が欲しいなぁ、と思い色々探していたのですが、「Reunion Bluesのスーパートリプルなら入るかも」という情報を仕入れ、あちこち探したものの見つからず、
アメリカのトロンボーン専門店(以前Peter Geneのミュートを購入)に問い合わせしたところ、

「入るよ」とのことで早速注文。ところが「Reunion Bluesではなく、ブラジルで友人が似たようなのを作っているので
そっちはどう?安いし」で、お任せ。

昨年の6月頃から数ヶ月音沙汰なく、問い合わせたら「友人はケース作りを辞めてしまった・・・」とのこと。
しばらく放っておいたら「Glen Cronkheitが今なら二週間で作ってくれる。オレもトロンボーンの頼むから一緒に頼まないか?」と連絡あり。これまで黒のケースしか持ってなかったので、レザーの真っ赤かなのを注文。

相当頭に来ていたが「二週間なら・・・」とカード決済。そこから約3ヶ月、ようやく11月に「出来たよー」との連絡が。

さて、ここからが大変。12月クリスマスシーズンのアメリカは日本人の想像を超えるカオス状態で、待てど暮らせど一行に届かず。USPSのサイトでトラッキングし続け、ようやく2週間後日本到着。と思ったら・・・・
なぜかイタリアへ(泣)。イタリアの交換局で2018年を迎えたスーパートリプルはそのまま25日間放置・・・

何故こんなことになった、かというとUSPSが間違ったBinに入れたらしく、日本を経由してイタリア・・・。

25日にイタリアの税関で通関を切って、漸く本日配達されました・・・・・(疲)。

ここまでが❌。

でもケース見たら、めちゃくちゃカッコイイ!!!!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これで、これまでの悶々が一気に晴れて◎٩(^‿^)۶

で、早速コルノ・ダ・カッチャ(大きいB♭管)を入れたところ・・・・ベルは入っても高さが足りず・・・・OMG!
これが❌で結果マイナス・・・・。

人生って難しい・・・・_| ̄|○
4

2018/1/27

Hiーkeys  
最近の楽器は殆どの楽器がキー付いてます。

特にC管はHigh-C/Aは標準のように付いてますね。B♭管にもキー付きが付いている楽器があります。
基本的には音程補正ですので、キーなしでもその音が出ないと、厳しいことには変わりありません。

High-C/A/HまでついているC管でおなじみなのは、Lechnerです。Hキーのつき方は上だったり、下だったりしますが。
B♭管の方は下に、C管は上についてます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

普通のC管はCキーか、C/Aキーだけが多いようです。

まずCキーだけの男らしい(笑)人たち。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続いて、C/Aキーの普通の人々。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

特にSchagerlはキー2本が多いですね。こちらは珍しい3本。

クリックすると元のサイズで表示します

また、BEEGEEさん購入のLechnerのD管はC/Hと珍しいセッティングですが、Hキー、或いはA/Hキーという珍しいセッティングのものがあります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

キーは、ウィーンの人達が始めたらしいですが、当時ドイツ人のプロ達は「クラリネットじゃねぇんだから、そんなにキー付けてどうすんだ?」とディスっていたそうですが、今ではドイツのプロも仕事で失敗はできない、とキー付きの楽器を使う方が多いようです。

あ、上のLechnerのD管、必ずH(実音Cis)付いているのですが、薔薇騎士用ですかねぇ・・・。

トランペット、ホントに色んな種類があります。
4

2018/1/22

金!金!金!  
大雪のため、早めに退社したものの、街中大渋滞で2時間以上かかってしまいました。Mercedes-AMGの
GLE 63Sで直線番長よろしくノーマルタイヤでもんどり打っているヒトを尻目に快適に帰宅しました。
4WDのスタッドレスは最強ですな(笑)。でも凍結した明日の朝は無理かも・・・。

で、大雪にも関わらず、郵便局に不在配達を取りに行ってきました。

取ってきたのは、次のキンキラキンの中の1本です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

以前ブログに載せたRicco KuehnのC管ですね(わかった方は変態です。笑)。まだ吹いてませんが、キューンは吹きやすい楽器で、結構ドイツのオケでも愛用者多いようで。

また、昨日身内の先輩から頼まれて探していたLechnerのB♭管を後輩が売却したがっていたことを思い出し仲介したものが届きました。Lechnerは金メッキがすぐ薄くなる、という話を聞きます。確かにあまりよく乗っていない感じがします。
金の色も少し黄色い感じですね。今は24Kメッキとか倍がけとかあるようですが、色に関しては金が採れた場所によるようです。ヨーロッパは比較的黄色い感じだそうで。

LechnerとSchagerl(最近ドイツ在住のボスニア・ヘルツェゴビナ出身の友人が『シャーゲル』と発音していることに気づき、それ以来一応『シャーゲル』と言うようにしてます。シャゲールとかシャガールの方
しっくりきますが・・・。)の比較写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

レヒナーの金メッキ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ということで、現在ウチにはこれだけ金メッキのロータリートランペットがあります(笑)。成金趣味と言わないで・・・。

fecb3ea03c7b4f069042e9edc2a60aac.jpegabc0270a05b24c18a3a3e700548659d4.jpeg

あ、リコ・キューンの彫刻です。

クリックすると元のサイズで表示します

殆ど使う機会なく、コレクション化してます・・・。
2

2018/1/20

コルノ・ダ・カッチャ  
ブログに載せた友人からのオファー品を後輩が購入(モーツァルトのポストホルンで使用)し、一昨日届いたので、本日引き渡し( ̄^ ̄)ゞ

ベルサイズが違うんですね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

右側が僕ので、左側が今回仕入れたものです。僕のは初代の最後の作品ですが、多分今回のものは2代目のものではないか、と思います。ベルが小ぶりなので、扱いやすいですね。

コルノ・ダ・カッチャだけで5本以上は仲介してますが、Shyreのコルノはやはりいいです。吹きやすさでいえばRicco KuehnやTheinの方がふきやすいのかもしれませんが。

問題はMPですね。僕はW.Chr.SchmidtのCornoというモデルを使ってますが、もう少しホルンっぽい音の方がそれらしいのですが。凝りだすとキリないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2018/1/12

出ました・・・・  
年末から年始にかけて、引き合いが多く何度も銀行に駆け込み国際送金をしていますが、またまたオファーが来ましたのでアップします。
スイスで活躍する日本人のプロの方(多分ブログの読者の方もご存知の方多いと思いますが)からの委託です。
Stowasserの長管F管で、1920年〜30年頃のものだろう、とのことです。

楽器はこれまたライプツィヒで活躍する日本人マイスターの手によって、オーバーホールされ、440のクルーク付きです。

サンプル音源を聴かせていただきましたが、ふくよかで素晴らしい音がします。僕の持っている長管(1890年頃)とは全然違って、バリバリ使えますね。

長管そのものの出物が少ないのと、あってもジャンクだったりするので、本気で探されている方メッセージ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

マーラー・ブルックナー時代のノスタルジーに浸るもよし、アンサンブルで使うもよし、一本あるとトランペットの系譜(ナチュラルから長管→ヘッケル)を実感するもよし、使える長管F管をお探しの方にはまたとないチャンスかも(笑)。
2

2018/1/6

2018年はB♭の年?  
新年明けましておめでとうございます。

4日から仕事始めでしたが、風邪を引いて昨日休み、期せずして4連休になりました(T ^ T)

で、今年も早速ドイツの友人からのオファーが届きました。
現在B♭管は、Galileo、Schagerlと来てますが、今回はHeckel/MeyerのHeckelModelです。
FederSpannerこそついてませんが、彫刻は王冠付き、ウォーターキーは板バネです。

友人はとても楽器の手入れがいいので、新品同様です。Dowids購入のため、売却するそうです。
ボアは11.0mmなので日本人でも吹きやすいのでは?とのことです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

シルバープレートですが、新品のようですね。以前C管も同じ仕様でヤフオクに出品したことがありますが、アッと言う間に売れました(笑)。

ドイツ・オーストリアはB♭管の方がアマチュアには人気ありますが、日本はC管ですね。B♭管
楽しいです。価格は38諭吉(送料込み)でいけると思いますが、最近円が安いのでもうちょい行くかも・・・。

興味のある方、メッセージお願いします。あ、コルノはアッと言う間に売れました(笑)。

今年もよろしくお願いします。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ