2018/8/27

終活はずが・・・・  
毎日暑くて、いい加減バテ気味ですが、皆さまお変わりありませんでしょうか?

突然気が向いて終活と称して、エンダースのE♭/D管、G管、モンケのロータリーフリューゲルのB♭管、C管、モンケのナチュラルをヤフオクに出品し、売っぱらっちゃいました(笑)。

最初にこのブログでオファーすれば良かった、と反省しきりです。すみませんでした。

で、終活で本数が減ったはずなのに、以前からBEEGEEさんと約束の楽器を引き取るハメに・・・・。2本とも僕が仲介した楽器(&ケース)なので仕入れ値は知ってます(笑)。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

タインのB♭管とC管です。C管の方が古いですね。ベビークランツ付きです。タインと言えばへフス教授ですが、ホントにいい楽器です。モノによってはキツくて吹けないものありますが、この2本はよく鳴ってくれます。
しかも純正のMBケース付きです。

そのうちまた急に気が変わって売ってしまうかもしれませんが、その時はまず最初にここでオファーしますね。

終活で楽器減らすはずなのに、おっかしいなぁー・・・・。いずれにせよインプラント工事中なのでフルには吹けませんのでしばらく箪笥の肥やしでしょうね。

あ、当てがね付きのヘッケル、現在ヤフオク中ですが、30諭吉切る値段まで交渉して下げました。興味のある方、拍手メッセージ下さい(連絡先付きで)。
この楽器、ホントよく鳴ります。
11

2018/8/14

どんな音がするのでしょうか?その???  
お盆です。でも今日も会社です(まだ家にいます)笑。

さてさて、人生最後の一本としていた、ヘッケルのD管、皆さま「どんな音がするんだろう?」と興味津々(でもないか・・・。)のでちょっとだけアップします。

https://youtu.be/JrWU6Rqv8Qo

音程も音色もマイヤーのD管よりもコンパクトです。マイヤーのD管はC管のベルが付いているので、もっとパリパリ鳴ってくれます。

あ、下手くそなのは差し引いて下さいね、毎度のことですが(笑)。

ロータリーのD管はその使用頻度から、格安のものを探す人が多いですが、使用頻度を自分で見つけてあげる、そのためには多少高くてもしっかりした作りのものを購入する、は鉄則です。特殊管は安物を購入して結局1・2回しか使わない、ということが往々にしてありますが、勿体ないですね。

ヤフオクでモンケのD管が出てたり、レヒナーのE♭管が出てたりしましたが、それなりの金額で落札されてました。

C管だけではなく、特殊管もっと皆さん使いましょう*\(^o^)/*

特にG管なんかいいと思うんだけどなぁ・・・・。

あ、とかいいながらレヒナーのC管中古出てました。Selbst abhohlungなので日本には送ってくれないでしょうね。オーストリアまで取りに行くしかなさそうです(笑)。
https://www.willhaben.at/iad/kaufen-und-verkaufen/d/lechner-c-trompete-265095564/

友達に頼めば手数料10%ぐらいでなんとかしてくれるかもしれませんが(笑)。
3

2018/8/9

どんな音がするんでしょうか?その?  
台風13号も去って、もうすぐお盆休みです。

さてさて、現在思い切ってヤフオクに出品しているヘッケルのB♭管2本、早速録音してみましたので、音色の聴き比べを。

あ、言い訳ではないですが、現在上の左の前歯は仮歯で、しかも楽器触ったの2週間ぶりかつ、録音する前に2時間ほど別の曲をさらっていたので、全くコントロールできていません(笑)。ですのでハイドンの演奏ではなく、とらんぺっとの音色の違いを是非聴き比べてください。といっても、下手なのは変わりませんが(苦笑)。

ティピカルはドレスデンタイプ(35諭吉)のものから。
https://youtu.be/Xuf6REJDicc

次に、ベル系137mmのウィーンタイプ
https://youtu.be/rwj18tsyOIE

どちらもヘッケルなのですが、ローレジスターの抜けはウィーンタイプの方ですかね。ハイレジスターはドレスデンタイプの方が吹きやすいです。

MPはいつものシュミットのHJK1改です(笑)。

やっぱりヘッケルは倍音が多くて吹いていてホント、気持ちいいです。また曲によっては「この楽器、この曲吹いたことあるな?」というぐらいにツボにハマることがあります。

ウィーンタイプは39諭吉ですが、100年前の楽器でこのコンディションはまず出てこないと思いますので。
両方委託なので、多少値段は交渉可です。もしご興味ある方いれば、コメントお願いします。
3

2018/8/4

C管ねぇ・・・。  
よく依頼されるのが「ロータリーのC管何かありませんか?」だったりします。

大体がロータリー初心者だったりして、それ自体は全く悪いことではないのですが、正直ドイツ・オーストリアのアマチュアはC管はほとんど使いません(一部のコレクターは別として)。ポザウネンコーアは記譜がCが多いので、こっちは逆にロータリーフリューゲルまでC管だったりします。

で、C管を使うのはプロが多かったりするのですが、出る時にはでますが、基本あまり出ませんね。
現在ネットで見かけるのはこんな感じです。皆さん既にご存知だと思いますが・・・。
https://www.vioworld.de/musikermarkt/entry/view/cb370521b3bbf3f599a31ef5095e495d/
https://www.ebay.de/itm/Deutsche-C-Trompete-Weimann-Passion-MG/123234607725?hash=item1cb15ae26d:g:tHkAAOSwFdpbP1dd
https://www.ebay.de/itm/Yamaha-Custom-YTR-946GS-C-Trompete-key-of-C/113169219227?hash=item1a59693e9b:g:iFEAAOSwZW5aTnAx
https://www.ebay.de/itm/C-Trompete-Drehventile-C-trumpet-rotary-trompette-en-ut-palettes/183340974151?hash=item2aaff94047:g:N1cAAOSwZ2Na-Sku

特にWeimannはお買い得ですね。

こんなのもあります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

珍しいヘッケルC管のウィーンタイプです。主管に凹みがあるのはご愛嬌(笑)。

基本はB♭管だと思っているので、C管は趣味で沢山持ってますが、あまり使いません(笑)。短い管はやっぱり美しいです(笑)。昔の学生(ドイツの)はモンケのB♭管でオケスタをさらわされたことを考えると、今はすぐC管だそうで・・・。

これまで何本のロータリーのC管仲介したか覚えてませんが、やっぱり基本はB♭管だと思うけどなぁ・・・・。
いつもさらうのはB♭管なので、inFの譜面をC管で読めない・・・・。

今日もしっかりB♭管でさらって来まーす(仮歯なので50%ぐらいの力の入れ具合ですが。泣)。
4

2018/8/2

ヘッケル再び  
台風12号が去って、台風一過どころか、また酷暑に戻って来てしまいました。
毎日とろけそうです。

さて、最近ヘッケルのオファーが多く、このブログでも何本も紹介していますが、昨日一本届いたのと、以前ブログに掲載したものが売れたので早速アップします。

まず昨日届いたものから。
クリックすると元のサイズで表示します

あてがねが変なところについてますが、指かけとS字飾りも綺麗に付け直してます。この時代の楽器はもともと管が薄いので、どうしてもあてがねが必要になってくるもの多いですね。それ以外内管やマシンには問題なさそうです。
後はコンプレッションがどの程度あるか?ですが、前オーナーに聞いたところ、それなりにオーバーホールかけているので息漏れ等はない、とのことです。

この楽器、綺麗なのは彫刻です。以前ヘッケルの彫刻だけを特集したことありますが、ヘッケルの彫刻は本当に美しいです。アメリカの楽器にあるゴリゴリではなく、品格を感じます(笑)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

この彫刻は空想上の植物だ、と聞いたことがあります。ヴィンディッシュからヘッケルの工具を受け継いだB.C.マイヤーはブドウを彫刻してます。ドレスデンはワイン生産の北限と言われているそうで、ドレスデンでもいいワインが出来るから、だそうで。

で、以前ブログで紹介し、購入者が決まり仲介した楽器の彫刻はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ヘッケルのB♭管は本当に美しいと思います。よく「現代のオケのボリュームには・・・・」という方がいますが、個体によってはまだまだ行けますし、そもそもロシアものとかでなければ、またアマチュアが出せるダイナミクス程度なら全然問題ない、と個人的には思ってます。僕のヘッケルもマラ6で使いましたが、他のモダンの楽器に負けてませんでした(笑)。

今回のノーラッカーの楽器は35諭吉でオファー来てます。友人が幾らで購入したのかわかりませんが、オリジナルケース付き(アレキのホルンケースみたいなガラです)。

またこれ以外に、まだまだヘッケル出そうです。出る時には出るんですねぇ・・・。吹奏感、音程、コンプレッションについては、「どんな音がするんでしょうか?」で追い追い。

クリックすると元のサイズで表示します
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ