2018/11/24

Gerd Dowids 再び  
えー、またまたご無沙汰です。
現在ドイツにおり、本日帰国します。今回は完全に仕事なので楽器屋巡りはなし、です(笑)。

せっかくドイツに来たのに勿体ない・・・・。

さてさて、Gerd Dowidsは日本でも徐々に名前が知られるようになってきました。バイエルン放送響始め、結構色々なプロが使っています。

10月に友人のThomas君がプロの友人と6時間も工房にお邪魔し、僕の頼んだものもチェックしてくれました。マックさん以外みんな似たようなアタマなので、誰が誰かわからないかもしれませんが、マックさんの隣がプロのノルベルト・フォーン氏、その隣がドーヴィッツ氏、一番右が友人のトーマス君です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

僕の仕様は6月に行った際にほぼ決めていたので、特にチェックするところはなかったのですが、トーマス君は取っ替え引っ替え色々試したようです。

仕様が固まったところで、キーやトリガー取り付け等を行い、現在メッキ(Galvanik)に出ています。
左側の3キーのが僕の、右の2キーのやつがトーマス君のものです。僕のは金メッキ、彼のは銀メッキです。

一時期ドーヴィッツ氏が体調を崩していたようで、予定より若干遅れていますが、今年中には届くと思います。今年一年頑張ったご褒美ですね(笑)。人生最後の一本の決め事が一体どこへ行ったやら・・・・(苦笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

また、今回ドーヴィッツがB♭管とC管と2本になったので、シャーゲル(B管/C管/D管)用にBrassBagsのロータリー用トリプル・レザーも新調しました。多分殆ど日本に入ってこない仕様で、注文先のThomannも「特注」でしたが、現在は標準仕様で受け付けているようです(勿論在庫はしていません)。BrassBagsは軽くてホント使いやすいです。BEEGEEさんもロータリー用のダブルをいつの間にか注文してました(笑)。

演奏機会はめっきり減ったのに、コレクションは順調に増えてます・・・・(苦笑)。そろそろ吹く機会増やさないとなぁ・・・。
4

2018/11/15

Martin、Stefan、それにThomas  
えーっと、またまたネタ切れです(笑)。

現在ウィーン・フィル来日中だそうですが、もちろんコンサートなんで行けません。

ヒョンなことから、7月に息子と奥さんが来日、一緒にご飯食べたのがきっかけで、
今度はお父さんがお兄さんと甥っ子と一緒に来日しました。

で、一緒に軽ーくご飯食べてきました。Martinは好々爺で、お土産でチョコとウエハース、それにポロシャツもらいました。

甥っ子のThomasはウィーン・フィルのティンパニ奏者だそうで存じ上げませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

写真の手前でケース抱えて嬉しそうにしているのはBEEGEEさん、小職は奥です(2度目の顔出し。笑)。
え?中身は何か?そちらは追い追い(笑)。Martinは手前、真ん中はお兄さんのStefan、奥のヒゲはThomasです。

「今度はビショッフスホーフェンで美味しいもの食べよう」と息子のMartinと約束しているので、そのうち行かないとなぁ・・・。

それにしてもオーストリア訛りのドイツ語、わかりにくかった・・・。
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ