2019/2/25

auf dein Zeichen  
しばらくご無沙汰しました。
BEEGEEさん家の近くに引っ越ししたので(未だに段ボール生活です。泣)、バタバタとしてました。
楽器も全部は到底入らないので、BEEGEEさんのところにまだまだ避難中です。

さて、後輩女子から頼まれて、YAMAHAのYTRー945を仕入れました。また、もう一本Lechnerの出物があったので仕入れました。両方先週末にドイツを出ています。さてさてどちらが先に着くでしょうか?の前に僕のDowids・・・・。
アメリカからドイツに向かっているようですが、すでに1ヶ月以上かかってます。

さらに、「C管のいいのがあったら紹介しろ」と声かけてたら、なかなか面白いものが出てきました。

ケルン放送響の段持ちのMonke C管です。彫刻でもわかる通り、初代モンケの作品です。ボアはそれほど大きくないので、D面とかでも行けるようです。

“FUNKHAUS KOELN”の彫刻がありますので、正統派ですね。結構お買い得かも。
興味がある方拍手コメントお願いします。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
8

2019/2/3

Weimann Passion改  
えーっと、オトモダチの高名なピアノ調律師の方が購入した、WeimannのC管、無事届いたようです。
ハイレジスターはチョッとキツめですが、中・低音域は良く鳴るようで、よかったです。

そのウチ試奏会開催します。

WeimannのPassionとかClassicoはクランツ付きですが、この楽器特注なのでクランツありません。
ボアは11.2mmですが、もしかするともう少し太いかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

このブログでコメントいただき、最終的に仲介させていただいた楽器もかなり多くなりました。
基本手数料無しで仲介させていただいています(本業はフツーの会社員なので)が、忙しかったり、またドイツ・オーストリアとは8時間の時差があるので、相手にもよりますが、少し時間がかかる可能性あります。ドイツ語の勉強とブログのネタにさせていただくことを了承していただければ、できる限り対応しますので、拍手コメントにメールアドレス(拍手コメントは公開されませんので、ご安心ください)を記載の上問い合わせください。

試奏はできませんし、現状渡しになります。また新規の売主の場合はかなりリスキーですが、その辺をご理解の上コメントお願いします。あくまでボランティアですのでその辺のリスク管理はご自身でお願いします。

といいながら、既に知り合い、友人、先輩等々に仲介した楽器は100本を累計で100本を超えました(笑)。

自分のDowidsはまだまだ届きそうにありませんが・・・(泣)。
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ