2019/6/30

Weimann 考  
あっと言う間に6月も終わってしまいました。

取り敢えず、個人輸入(笑)の波はひと段落しました。先週レヒナーのD管1号と昨日レヒナーD管2号を無事引き渡し、無事終了です。1号を仲介した話をしたら、「僕も・・・」と追加発注いただき(笑)、1号が発送されてから追っかけで到着。2週連続の引き渡しとなりました。
レヒナーのD管って結構人気あるんですねー。
クリックすると元のサイズで表示します

さてさて、タイトルのWeimannですが、チョイ出ししましたが色々イジってみました。調律師の方のWeimannと吹き比べしたり・・・。
HPを見ると、Passion、Classico、Vivatとありますが、Passionが素で3490Euroとまぁまぁふつーの値段です。
アメリカのオケや、N響他確かに最近愛用者増えているようですね。以前所有していたSchagerlのViennaD管の売主、アトランタ響のスチュワート君もユーザーのようです(笑)。

で、今回購入した楽器は、上記にフルキー、セパレート1・3番トリガー、ベルチェンジ、金メッキにマウスパイプが2本とヘビーボトムキャップがついて、ベルにTonRingが付くのでザッと計算しても6000ユーロ超えます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

一方調律師の方がハンブルグ歌劇場の方から購入したPassionは対極にあり、めっちゃ軽いです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1番スライドのニブをとり、2番管のリングを外し、出来る限りの軽く・・・とのコンセプトです。

確かに上から下までホントによく鳴ります。

一方僕のPassionMGは中々の重さです(笑)。ま、オイオイですかねー。
あ、勿論僕のDowids C管もベルチェンジでフルキー、コンビトリガー(別ではありませんが)付きですが、当然ながらWeimannのベルは付きません・・・(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

これから面白くなりそうなメーカーですね(今尚Lechnerのシェアは凄いですが・・・)。
5

2019/6/14

無駄遣いその2  
だいぶご無沙汰しました。
無駄遣いその2、が届きましたのでアップします。
持ち主はプロの方でそこそこ有名な人らしいのですが、結構テキトーで(笑)。

トラッキングナンバー教えて、と言ってずっと待ってたら荷物が届いちゃいました(笑)。

で、こちらです。
クリックすると元のサイズで表示します

MBの新型ケースですが、コンパクトトリプル、レザーです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

特注のケースらしく、リュック用のフックがなく、肩掛けのみです。色もチョコレートブラウンでUpholsteryもチョコブラウンだそうで。ただ、mpポーチも純正ストラップもないので・・・。

ロータリーは1本は入りますが、ダブルは無理です。
ま、ロータリーB♭管、ピストンC管、ピッコロぐらいですかね。
ダブルと比較すると確かにチョッと大きいかもしれません。

ま、MBのレザーはあまりないので。飽きたり、使い道に困ったら売っちゃうかもしれませんが(笑)。やっぱり無駄遣いかもしれません・・・(苦笑)。
5

2019/6/3

1日1回限定・・・。  
さてさて、昨日お話したブランデンブルグ協奏曲2番の1楽章をSchilkeのC5-4で、3楽章をP5-4BGでやるとどんな感じになるか?です。

https://youtu.be/z6u-GGhC6Gk

https://youtu.be/p2EtA6KyUdg

えーっと、朝イチで指とシタが全く合っていない点や、指間違いしているのはご容赦くださいね。もともと演奏を聴かせるのが目的(そんな変態趣味はありません。苦笑)ではなく、C管ピッコロとB♭管ピッコロの鳴りの違いを聴き比べて下さい。

特にHihgFは4倍音と5倍音でこんなに違うんだー、って感じで面白かったです。

これは1日1回しか出来ませんので、途中で返したりは出来ません( ̄▽ ̄)。
ピッコロ吹くのは大変ですが、やっぱり面白いですねー。ああ、また何か欲しくなって来た・・・・・


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

写真は友人のZirnbaurのピッコロでーす。
5

2019/6/2

Schutzbeutel  
気がついたら6月に入ってました(笑)。工房巡りの旅からもう一年経つんですねー。早いです。

さて、プチムダ遣い品その1が届きましたのでアップします。
タイトル通り保護袋です。最近メーカー毎(といっても昔からBachやシルキーは付けてましたが)に色んな保護袋を付けてくるようになったので、新品で購入する際につくもの、後からアフターマーケットものを買う場合と人それぞれでしょうが、ケースによっては、保護袋を被せた状態だと逆にキツくなるものもあるようで。

で、お友だちの調律師の方がプロからレヒナーのB♭管購入時に付けてもらった保護袋がカッコよかったので、早速知り合い経由で「保護袋だけでも買える?」か確認したところOKだったので、購入٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ガリレオの保護袋は、両面刺繍でカッコよかったです・・・。お値段30スイスフランぐらいだったかな・・・ので2枚購入(^-^)v

因みにDowidsと同じ生地でしたので、メーカーは一緒かもしれませんね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Schagerlは生地は薄くビロードのようです。
クリックすると元のサイズで表示します

Amreinはペラペラ(Gard bagsもこんな感じですよね)、山野楽器はDowidsとSchagerlの中間ぐらいです。


クリックすると元のサイズで表示します


ケースの中も結構しっかりとした内装になっているので、保護袋要るのかわかりませんが、ま、少しでもリスク回避、という意味ではアリ、なのかもしれません。くれぐれも出すときに滑って落下・・・´༎ຶོρ༎ຶོ`)なんてことのないよう、皆さん、注意しましょう\(^o^)/

あ、朝練と称してブランデンブルグ2番(1日1回のみの貴重な練習。爆)をそれぞれ1楽章=C管、3楽章=B♭管で録画しましたのでおいおいアップします。最初公開するつもりなかったのですが、High-C管とHigh-B♭管の音色の違いが面白かったので、演奏はさておいて面白い比較になってます( ◠‿◠ )
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ