2020/6/30

Sammlungsverkleinerung  
えーっと、ThomasもMP整理するようでイーベイに出品してます。
興味あれば取次します。あ、但し今ドイツからは1ヶ月半ぐらいかかります(Airです。Oceanではありません。笑)。


https://www.ebay-kleinanzeigen.de/s-anzeige/vincent-bach-3c-und-3d-mundstuecke-fuer-trompete-ab-1965/1444698295-74-1708
https://www.ebay-kleinanzeigen.de/s-anzeige/breslmair-mundstueck-set-vergoldet-fuer-trompete/1444918789-74-1708

金額は交渉します。

===============================================

ご無沙汰しました。

えー一部の方はご存知だと思いますが、終活&断捨離(ウソです。笑)で現在何本かヤフオク中です(^ ^)

まずは、エッガー傘下になる前のガリレオ・ロータリートランペットではなく、コルネットです。

クリックすると元のサイズで表示します

たまにロシア製(というかソビエト製)のコルネット見かけますが、やっぱり軍楽隊ですかね(笑)。
音はコルネット(シャンクも)です。

もう一本は同じコルネットでもNYBachです。たまに見かけますね。とにかくよくなります。オリジナルケースと、NYBachの7番MP付き
クリックすると元のサイズで表示します

最後はエッガー傘下のガリレオC管です。こちらもよくなりますが、C管まだまだあるので(苦笑)。
金メッキはどのメーカーよりも綺麗です(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

後写真とってませんが、シルキーのフリューゲルも売ろうか、と。現行品ではなくアトランタ響向けに6本だけ作った超レアものです(^。^)

興味のある方、ヤフオクよりはお安くします( ◠‿◠ )。拍手コメントに連絡先を。
6

2020/6/12

Hermann Robert Schopper  


梅雨入りです(笑)。

雨の季節はもろもろ大変ですが、マスクしながら梅雨を迎えるとは想像だにしていませんでした。

さてさて、Thomasとはほぼ毎日のようにWhat'sAppでやり取りしてますが、また珍品見つけて来ました( ◠‿◠ )

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヘッケルのお弟子さんの一人、ロベルト・ショッパー(1888−1943)のD管(らしいっす)です。

ヘッケルには、G.A.Wagner, A.WIndischと名だたるお弟子さんがいますが、R.SchopperもライプツィヒでPetzel(Ulmannもそうらしいですが)の工房を継いでます。以前ロータリーフリューゲルや、A管付きB管仲介したことありますが、さすがの名工、いい楽器が多いです。ラッパだけではなくトロンボーンも作っていたようですね。

彫刻見てもらえればわかる通り、王冠付きですので、1918年までに作られた楽器だろうと思います。ドラムロータリーに、板バネ式ウォーターキーとヘッケルマニア垂涎のコンフィグです(`_´)ゞ

オリジナルケース付きです。オーナーはBrünnのオペラ奏者(チェコなのでBrnoですね)だそうで、ボヘミア地方にはまだまだお宝、眠っているかもしれません(笑)

Bachの管組とか3rdはD管なので、これ使うとかっこいいかも*\(^o^)/*

多分送料込み込みで30諭吉ぐらいかなぁ、と思います。興味のある方拍手コメントに連絡先をお願いします。

珍品中の珍品ですね(^ ^)
9

2020/6/9

SSVには早いだろ・・・。  
えーっと、まだThomasのところからもろもろ発送されませんが、SingerSerieのC管(MeisterEibl作)が出ていたので、コンタクトしたところ「既に予約済」とのこと。
いままで、だいたいが予約だと売れちゃうケースが多かったので、難しいかもしれません。一度だけレヒナーのD管が同じ状況でしたが、予約した方キャンセルしてお鉢が回ってきた、ということがありました。
ま、ドイツ人と日本人の買い物の仕方の違いでしょうね(笑)。ヤツらは買い物までに時間がかかるけど、買う!と決めたら間違いなく買います。日曜日のウィンドーショッピングは獲物をよーく観察してるんですって(笑)。

で、本題。Thomasが何を思ったか、楽器の整理をする(まだ本人は迷っているようですが)とのことで写真を送って来ました。
まずは、モンケのB♭管(1984年製。11.28mmボア Thomas本人がモンケ工房で購入)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらは、セルマーのG管でエクステンションスライド(シルキー製)付き。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

以前C管紹介(既に売却済)のコンビのBachのB♭管。アーリーエルクですね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Thomasは特格楽器の手入れがよく、どれも新品同様です(笑)。

あ、楽器はすべて銀メッキです。ヤツは銀メッキ好きなので(笑)。ロータリーのB♭管はDowidsのB/C管、ピストンは
MonetteのB/CとヤマハのYTRー9830、Volksmusik用にYTRー6335HGIIとテナーホルンで十分、と言ってました(^○^)

お値段一応それぞれ聞いてますが、興味のある方拍手コメントに連絡先をお願いします。まぁどれも綺麗ですね。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ