2021/10/24

ちょっとお片づけ  
久しぶりにピストンのB♭管を使って、チャイ5の代奏してきました。

チャイ5はドイツのオケで演奏して以来なので、20数年振りなのですが、やっぱり面白いですね。

で、色々思うところがあり(というか引っ越しを予定しているので)、ヤフオクに出す前にちょっとお片づけするので、こちらに案内しておきます。読者の皆様が興味なければヤフオク行き、ってことで(笑)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ガリレオのロータリー・コルネットです。以前もヤフオク出品しましたが、落札されず、でした。この楽器はガリレオがエッガーの傘下に入る前の楽器で、デンマーク人から購入、通常のB♭管とは違うコルネットらしい音がしますが、メッチャ吹きやすいです。一度オケでこっそり使いましたが、トランペットと遜色なく使えました。

福澤先生32人(購入時からかなりディスカウントしてます。笑)。ケース無しです。MPはもちろんコルネットシャンクですね。

もう一本は悩んでいるのですが、このブログで何度も出しているF.A.HeckelのB♭管です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

TheodorAlwinの作品で、30年〜40年の頃の作品だと思います。マイヤー先生のところでオーバーホールされ、薄くて割れやすい内管とか全部交換し、銀メッキリプレートしてます。ドラムロータリーはテオドアが生産効率をあげる為にフェーダーシュパンナーはオプションにしたため、このタイプですね。ただこの楽器の彫刻がとても繊細で細かく、この楽器
同じ彫刻を見たことがありません。大体もっと大雑把です。

まだ手放すか悩んでいるんですが、もしヘッケルの使えるB♭管を、という方がいれば。福澤先生36人程度で。

後は使っていないMPを何本か(現在も楽器よりMPの方が少ない。笑)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
トーマスから仕入れた、シュミットのピッコロトランペット用157ですが、3Cリムになってます。
ピッコロ用ですのでb”’(3点Bですね)が刻印されてます。
158YLがレヒナーのピッコロにシャンクが合わないので購入しましたが、やっぱり158YLの方がいいので。トランペットシャンクのピッコロはレヒナーしかないので、お片づけします。

もう一本はこちら。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
シュミットのSolistモデルで、HJK1です。Hans Joachim Krumpfer氏(EduardSeifert氏の弟子で、ベルリン響首席)のアーティストモデルです。とても気にっていたのですが、最近使う機会が減ったので。

後はこれ、です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
MonetteのSTCー1タイプのC5S11というモデルで、結構大きいです。ピストンのC管はMonetteとSchilke、Bachがありますが、Monette用にはシュミットの特注しか使わないし、Bachの3C以外は使わないので。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらは、僕のではないのですが、Bachのアルチザンの7Eを改造したものです。MonkeのE♭管用に購入・改造したそうですが、既に楽器は売却してしまったようですので、シャンクで困っている方向けですね。普通のMPとの比較つけておきます。

もう一本もピッコロ用です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
モンケのピストンピッコロ用に特注したのですが、基本的にはシルキーの5A4のカップをコピーしてます。ボディはヘビーウエイトにしてます。若干短くしてますがトランペットシャンクです。イニシャルが入っているので気にしない方向け。うすーくなってますが金メッキです。

MPの方は値段は要交渉で(笑)。興味があれば拍手コメントお願いします。

あ、コメントで問い合わせありましたが、タインのC管はまだあります。値段は福澤先生52人程度ですね。新品に比べればお安いか、と。
4

2021/10/17

Großes Sammler Konvolut   
今度はトーマスから(^。^)

なんでも色々集めたコレクションをまとめて売るそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、C.A.Müller のシグナルトランペット(1880年製)です。
MP付きます。MüllerはEndersの師匠筋ですね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続いて、Robert Schopper のE♭アルトです。1908年製です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続いていわゆるStimmgerät,ケース付き。1930年製
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Schmidt(Wer.Chr.Schmidt)のMPケース3本用、新品同様だそうです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続いて、J.Monke のMPポーチ(1970年代)。新品だそうで。
クリックすると元のサイズで表示します

1930年代のヘッケルのオリジナルパイプ(主管の一部ですかね)。
クリックすると元のサイズで表示します

Robert Schopperの譜面立て1920年代製
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ノーブランドのバリトン用MP(1950年代製)
クリックすると元のサイズで表示します

何故かシルキーのMPの箱のみ(笑)新旧ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

Bachとケムニッツァーのミュート
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

音叉セット(1937年)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Bachの純正ソフトケース
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ぜーんぶまとめての販売でバラ売りしないそうです。中には「ゴミ?」みたいなものもあるかも知れませんが、
ヒトにとっては「ゴミ」でもあるヒトにとっては「お宝」ってこともあるので(^∇^)

あ、信じられないぐらいお安いですので、早い者勝ちです(多分福澤先生10人はいかない)。
4

2021/10/11

オファーは続くよ。その2  
えーっと、またまたご無沙汰しました。

今度はJochenからオファーがありました。^_^

以前EndersのHigh−Cピッコロだったり、Monkeのバロックやヘラルドピッコロをオファーしてきた、スイスのコレクターからのオファーで、レア中のレアです( ◠‿◠ )

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Endersの4バルブのG管です。EndersのG管は以前2本所有してましたが、一本はG管オンリー、もう一本はF管替え管付きでしたが3バルブでした。

特徴的なのは、4番管の巻きですね。

現在所有している(在庫、とも言う。笑)GanterのG/F管はこんな感じです。これはこれで、マウスパイプ
1番管に入ってるので、短くて音程取りにくいんじゃ?と思いきや、中々いいです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ベルと並行して4番管伸びてます。通常4番管はレヒナーのピッコロのように(というか本家シェルツァーのように)膨らんだ形が多いんですが、ベルと垂直にするため、へんな曲げ方してます。

本家シェルツァーはこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Endersの楽器はホントにゲージツ的に美しく、前にも載せましたが、3バルブのベルに向かう曲げが美しくてホレボレします。
クリックすると元のサイズで表示します

あ、Endersの弟子のKoenig(王様じゃん。。。)製作のG管がこちら(3バルブ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

あ、趣旨が変わってきてますが、G管の幻の名器、ヘッケルのG管はG管とわからないようにダミー管ついてます。昔は指揮者によっては小さい楽器キラうヒトがいたみたいで・・・。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ひっそりと「もう少しG管使うヒト増えればなぁ」と事あるごとにススメてます(笑)。

あ、Endersの4バルブ、2000ユーロ(送料別)だそうです。興味があれば、是非。
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ