2022/5/16

円安−ユーロ高なので・・・。  
徐々に色々な物が値上がりして、「これが悪いインフレか?」と感じるようになりました。

加えて、今朝8年使ったドラム式洗濯機がとうとう動かなくなり、色々調べてみたら結構納期がかかることがわかり、2週間ほどコインランドリー生活になりそうです。家電も中国のゼロコロナ政策の影響か、かなり納期がかかるようです。

ウクライナ−ロシアの影響がどのくらい市場で出ているのかわかりませんが、今ドイツやオーストリアのマーケットプレイスでもあまり安い楽器はないです。多分感覚的なんですが、ユーロは大体我々の110円ぐらいの感覚なはずです。なので、例えば3000ユーロの楽器だと大体33万円ぐらいの感覚になります。ところが円安ですので、円換算すると40万円をはるかに超えます。
なので、以前なら3500ユーロぐらいなら頑張って・・・みたいなことになりません。

逆に日本の中古市場が安く感じるようになりました。

すでにこちらでも紹介していますが、現在GalileoのC管、VotrubaのB管が日本の方からオファー来てます。
加えて、現在ウィンドクルーに委託で販売に出している楽器も連絡いただきましたので、掲載しておきます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

G.A.WagnerのB♭管です。もう説明する必要も無いと思いますが、ヘッケルの弟子ですね。日本に入ってくる本数が少ないので、あまり中古で見かけることもありませんがさすがヘッケル直系!って楽器が多いです。

もう一本はコルトア(クルトア)のE♭/D管(Delmotteモデル)でほぼ使用されていなかった楽器のようです。ショートのE♭/D管は目的によってはとても使いやすいです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ヤフオクやメルカリも見てますが、色々お安く感じるようになりました。以前ならロータリー・金メッキのC管で40万円切るなんてあり得ませんでしたが、SchagerlのHoersdorf Heavyがかなりのお買い得で落札されてました。

GalileoのC管、VotrubaのB♭管、G.A.WagnerのB♭管、CourtoisのE♭/D管、それぞれ興味のある方、拍手コメントにメルアド記載の上(公開されません)ご連絡下さい。それぞれの売主に繋ぎます。

BEEGEEさんの壮大なプロジェクト進行中(笑)。
7

2022/5/8

スイスより  
Werniのところから、何本か購入したことありますが、
連絡も早く、まだ会ったことはありませんが、頼りになります。

で、今回Werniのところに出てますが、スイスのプロの方からオファーがありましたので、
アップしておきます。このプロの方、以前スイスからヤフオクにも出品されていた方ですのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、プロユースの楽器なので、どれも素晴らしいコンディションです。

B&SのE♭管4バルブ
https://www.secondbrass.com/?id=5&product=2953

SchilkeのE3L−4です。
https://www.secondbrass.com/?id=5&product=3192

E♭管の4バルブは下のEまで出ますので、便利です。僕もSchilkeのE3−4(ベリリウムベル)持ってますが、重宝してます。

上記サイトを見ていただくと、同じプロの方から、ヤマハ2本出てます。
YTR-9820CとYTR-8335Wです。3ピストンのピッコロは以前シルキーのP4を所有していましたが、3バルブは軽くて吹きやすいです。エクステンションロータリーも付いているので、ローレジスターも大丈夫ですね。
YTR−8335Wは神代センセイ監修のもので、仲間内でも評判上々です。スペアの楽器だったそうで、殆ど吹いていないようです。

Werniのところに、超デッドストックがあります。229のライトウエイトベル、NY BachのML C管です。この楽器パリの倉庫に眠っていた楽器のようで、所謂Mint コンディションだそうで。229ライトウエイトベルといえば、C180SL229CCのシカゴモデルも同じですね。どんな感じだったんでしょうかね。

問い合わせしたところ「Selmer−Bachが買い戻したよ」とのこと。お値段はそれなりだったようですが、Bachとしても当時を知る貴重な資料だったんでしょうね。

4バルブピストンのE♭管2本、ヤマハ2本ともお値段はWerniのサイトに出てます。直接が良ければオーナーにつなぎますので、拍手コメントに連絡先お願いします。

シルキーのE3L−4は円安考えてもお買い得ですね。
3

2022/5/6

シングルケースのお話  
GWも終わりに近づき、本日有給休暇取ってますが、チマチマとメールチェックしてます。

3日に帰省した(日帰りできる距離)のですが、GWの渋滞にどハマり、かつ追突事故2件の影響で、通常の3倍ぐらい時間がかかりました。途中SAに入るための側道渋滞で約一時間、トイレに間に合わない方が路肩を歩き出し、これまたコワイ思いしながら何とかほうほうのていでSAに到着、トイレも渋滞(女性トイレです。大変ですね)し、久々のGWって感じでした。

さてさて、シングルケースのお話なのですが、現在MB含め幾つかのケースがあります。今回リコ・キューンのB♭管はMBのケース付きでしたが、ロータリー用です。なかなか日本にはロータリー用のケース(あの方のサイトではロータリー用だそうですが)がないので、比較してみました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

以上はリコ・キューンロゴのMBシングルケースです。ピストン用のシングルケースとの違いわかりますかね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

サイズ的にはほぼ変わらないと思いますが、中の小物入れのサイズが違いますね。ロータリー用にピストンは入りますが、逆はNGです。ダブルケースですと、ベル径が違うので、厚みがロータリー用の方があります。ただ、ピストン用でもロータリーは入ります(キーがいっぱい付いているB♭管は厳しい)
厚みが違うのはフライトケースも一緒です(過去BEEGEEさんがロータリー用のフライトケース購入した際にアップしましたね)。
こちらです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ラッパ仲間ウチではUKのFusionが人気ですが、ワタクシは天邪鬼なので、MBとBrassbags、それにReunionBlues(GlenKronkheit)、後はメーカー純正です。電車移動にしろ、車移動にしろMBは便利です。Brassbagsは軽くていいのですが、ちょっとコワイですかね。ドイツから楽器持ち帰った際に使用したぐらいでほとんど持ち出していません。

ロータリートランペットも入るケース、なかなか苦労されること多いと思いますが、皆さんのロータリートランペットはどんなケースに入れられているのでしょうか。

5

2022/5/5

Votruba のB♭管For Sale  
GW真っ只中ですが、明日はお仕事の方いますよね。
基本的に6日も有給休暇取得推奨日で、有給取得しているのですが、出社している方から容赦ないメール攻撃があるはずなので、家にいてチマチマ仕事してると思います。

さてさて、ブログの読者の方が楽器入れ替えに伴い、フォトゥルーバのB♭管売りに出したいそうです。
何でもウィーンの工房まで行かれたそうです。

金メッキ、ハイキー2つ付きです。現在の活動ではあまりB♭管使う機会がない、とのことでC管に買い替え予定とのことです。

僕はC管のカタチが好きで集めてますが、吹くのはB♭管が多いですねー。ロータリーらしさってB♭管の方がわかりやすいので。

状態は物凄くキレイです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

マシンはツィルンバウアーですね。ロータリーのB♭管、一本あるとものすごーく便利なのですが、日本のアマチュアの方は何故かC管が多いんですよねー。ロータリー初めての方にはB♭管勧めてますが、やっぱり引き合いが多いのはC管です。レヒナーC管の中古は仲介した中で一番多いですね。

興味のある方、売主と繋ぎますので、拍手コメントに連絡先を必ず添えて(公開はされません)お願いします。

さて、残りのGW、何しよ。。、
5

2022/5/2

早っ!!!  
世間的にはGWですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?

29日にトラの練習があり、30日には研究会、昨日はGWBrassと称したアンサンブル大会と、ラッパ三昧です。本日は有給休暇取得推奨日なのですが、ブラック企業なので有給休暇取得せずに働いている同僚からのメールをチマチマ処理してます。

みんなが休んでいる時に休めない方、本当にお疲れ様です。

さて、無駄遣い品として仕入れたリコ・キューンですが、記憶が正しければ、4月22日に発送したはずなのに、昨日戻って来ました。今回の依頼は1.輸送中にぶつかったヘコ出し、2.管内洗浄、3.押しがねとトリガー部分の再メッキと、ジーレのコルノ・ダ・カッチャの4番管ヘコ出しとシルバープレートで、「納期3ヶ月」と言われていたのですが・・・。

で、こんなにキレイになりました。まずは元の状態です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
結構荒れてますね。
それがこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
面積的にはあまりおおきくないですが、パーツ外して、デコボコ磨いてメッキを一旦落とし、それからシルバーかけて金メッキというざっくりとした工程なんでしょうが、とにかく早かったです。

で、今回のリコ・キューンはいわゆるベルリンモデルなんですね。シャーゲル 、どドーヴィッツと比較すると何となくわかります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ベル径140mmです(お間抜けなオヤジの顔がベルに映っているのでウエスで隠してます)。シャーゲル ・ドーヴィッツは135mmですので、どんな感じなんざんしょ。
期せずして(キー無し、キー一本付き、キー2本付きとなってますが、狙ってませんし、フルキー付きB♭管購入する予定もありません。笑)。

もう一つの「早っ!!!」はジーレのD管コルノ・ダ・カッチャです。
購入時はこんな感じ(キレイに見えますが、結構ラッカーの剥がれ等ありました)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

それがこんなにキレイになって帰って来ました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

前にも掲載しましたが、キーが付いているのですが、やっぱりAキーなのでしょうか?C管コルノの方にもついてます。
もしAなら何用?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

まだ試奏していませんので、キューン含め、追い追い(笑)。

皆さまどうかよいGWをお過ごし下さい。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ