2005/6/28

最近思うこと  
この数年間で、デジタルカメラの画質と性能は驚くほど進化した。
だが、相変わらず雑誌やネットでは画質比較やらノイズテストやらをやっている。理由は簡単。それが読者に受けるからだ。
(実際に売り上げに関わってくるという。)

だが、本当にそこに意味はあるのだろうか。
確かに誰もそれをやらなくなるのは、問題かもしれない。
でも、ノイズや収差なんて、撮影者が良しと感じればそれでいいはず。
もちろん、メーカーの技術者には頑張って欲しいし、もっともっといいカメラを作って欲しいと思う。
我々はそれをどれだけ有効に活用し、楽しむかが大切なんじゃないだろうか。
自分の置かれている立場を一部否定することになるかもしれないが、
最近、すごくそう思うのだ。
そろそろ重箱の隅をつついて、弱点を語るのはやめにしませんか。雑誌&WEBの編集部さ〜ん。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ