2005/2/15

FinePix F10の登場について  デジタルカメラ
スーパーCCD ハニカムV HRを搭載し、
ISO1600までの高感度撮影が可能な富士写真フィルムの「FinePix F10」が発表された。
すでに海外では発表されてたため、あまりインパクトはないかもしれない。
だが、それでもコンパクトデジカメでISO400が常用でき、1600までが実用というのは、ある意味待ち望んだモデルといえるかもしれない。
今までのコンパクトデジカメはあまりに高感度撮影時のノイズが多かったからだ。
とはいえ、コンパクトデジカメに一体何を望むのかと聞かれると、答えに詰まる。フィルムカメラでも一部のモデルをのぞけば、写っていればいいという世界だったからだ。
私もコンパクトデジカメを多数所有しているし、テストでも使うが結局、プリントする写真はデジタル一眼レフで撮ったものだったりする。
一体、コンパクトデジカメはどこに向かって進んでいくのだろうか。
また、一般ユーザーはどんなコンパクトデジカメを望んでいるのだろうか。実はその本音が知りたかったりする。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ