2005/9/7

デジカメの絵づくり  
画質とか絵づくりというのは、撮像素子の画素数や性能だけでは決まらないというのは、もはや定説となっている。
そこで各社ともいろいろな絵づくりを行ってくるわけだが、
これが良い方向に行く場合とそうでない場合とがある。特にそれが顕著に感じるのはシャープネスの設定だ。
コンパクトデジカメではシャープネスを上げすぎて、なんとも不自然な絵になっているモデルもある。小さな撮像素子で小さなレンズ。これでバリバリに解像感を上げようとしなくてもいいじゃないですか。
スタイリッシュモデルなら、いいとこA4までな訳だし、ほとんどはL判なんですから。一眼レフみたいにレタッチもしないので、ほどほどがいいです。とはいえ、シャープネスの設定って難しいんだろうな〜。私は好き勝手言っているだけなんで気楽ですが、メーカーの開発者はそれこそすごい悩んで、やっと決めた設定だったりするわけで・・・。好き勝手いってごめんなさいw。



クリックすると元のサイズで表示します
富士写真フイルム FinePix S9000にて
F-クロームモードにして撮ると、お台場のちょっと枯れ気味の木(椰子?蘇鉄?なんでしょ?)も、南国の鮮やかな木々に見える。
こういうワンプッシュで絵づくりが大きく変わる機能はコンパクトモデルでは大歓迎です。
そのままプリントしてもきれいだし。
でも、ちょっと派手すぎる気もしますが・・・。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ