2005/9/15

撮る楽しみって?  デジタルカメラ
どんどんデジカメの画質が良くなって、
今やコンパクトデジカメでも一般利用には十分な絵が得られるようになった。
なのに、相変わらず「高画質」を謳うデジカメが発表され続けている。
高画質であることはとっても大切なのだが、それが一番なのだろうか?
どのカメラも必要最低限の高画質はすでに得られるのだが・・・・。

写真って画質がいいから撮っていて楽しいわけではない。
なんかそのカメラが持つ、撮影の楽しさってあると思う。
撮影が楽しくなるカメラ。旅に連れて行きたくなるカメラ。
そろそろメーカーさんも本気でそんなカメラを作ってみてはいかがでしょうね〜。
いまのところ、それに近いテイストを持つカメラはといえば、
EPSON R-D1
パナソニック LUMIX DMC-LC1
そして、これにリコー GR DIGITALが加わるのかどうか?
それとも、結局、デジタル一眼レフがベストってことになっちゃうのでしょうかね。
今後のさらなるデジカメ業界のゆくえに注目しましょう〜。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX DMC-LC1にて
このカメラ、発売からずいぶんと時間が経っているが、
撮影する楽しさが味わえるカメラという意味では、いまだに魅力は衰えていない。ただ、EVFがな〜。28-90mm相当程度なんだから光学ファインダーだったら良かったのに〜。でもね、ホント楽しいカメラなんです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ