2005/11/5

EOS 5Dのファインダー  デジタルカメラ
人に会うたびにニコンD200の感想を聞かれ、すっかりニコンD200の話ばかりになってしまった今日このごろ。
もちろん、D200もとっても素晴らしいカメラなのだが、私にとってはまだ未知数のカメラ。

で、もうちょっと使い込んでいるEOS 5Dの話題を1つ。
実は、EOS 5Dもすごい気に入って使っているのだが、ファインダーだけはあまり好きになれなかった。というか、いいかげん、MFのしやすいファインダーを期待していたのだが、今回もその夢は果たされずといったところだ。
だが、一縷の望みとしてEOS 5Dには山がつかみやすい「Ee-S」というフォーカシングスクリーンが用意されたのだ。
これを使わない手はないということで、本日購入。
ちなみに、このスクリーン。F2.8よりも明るいレンズを使用した際にピントの山がつかみやすくなるという。つまり、それよりも暗いレンズでは使いにくいということだ。まあ、いいだろう。どうせ、そんな暗いレンズでMFなんてしないし。
で、さっそくEOS 5Dに装着してみた。
まず、装着後、EF50mm F1.4 USMをつけてファインダーをのぞく。
「おお〜、見やすい!MFもばっちり!!」
とりあえず、一安心。
次に、念のためと、EF24-70mm F2.8L USMを装着。
「う〜ん、なるほど暗くなる。でも、まあ我慢できるレベルか」
まあ、F2.8よりも明るいレンズで・・・と書かれているので、その通り、ぎりぎりの明るさといった感じだ。
ここまでは良かったのだが、ふと我に返ると、EOS 5Dと一緒に買ったEF24-105mm F4L IS USMの存在を思い出した。
「F4はやばいか?」と思いながらも、レンズを装着。
「うわ〜、暗い!これは辛い。やっぱり標準に戻そうかな・・・」
となってしまった。
さすがにF4では室内ではあまりに見にくい。明るい日中なら良いだろうが、夜景とかは撮れなそう。
とはいえ、もともと単焦点レンズでのピント合わせのしやすさを求めてスクリーンを交換したわけだから、ズームレンズは忘れるべきなのだろう。
「いいや、単焦点レンズでのポートレート専用カメラにしちゃえ!」
これが我がEOS 5Dの生きる道となったのだ。

でも、キヤノンさんに聞くと、人間の目でピント合わせるよりAFのほうがずっと正確だという。まあ、そうなのかもしれませんが、やっぱり目で見たものを信じたいじゃないですか。
みなさんはどうお考えでしょうね。MFで合わせたいって人は少ないのかな〜。
3

2005/11/3

D200のイベント  デジタルカメラ
ニコンさんが「Nikon D200 Special Live」と称して、D200の発表展示会をやります。
http://www.nikon-image.com/jpn/event/d200special_live/index.htm
私は東京、大阪、名古屋、福岡に行きます。(仙台だと聞いていたが、WEBを見ると福岡担当みたい)
それまでの間、ガシガシD200を使って、当日はみなさんにD200の良さを伝えなければ。

D200って、実はその位置づけが難しい。
D100はもちろんだが、D70sなどの後継機、または上位モデルと考えるとあまりにスペックが高すぎる。操作性なんかも全然良くなっていて、ホントにいろいろな撮影をしたいと思っている人向けのカメラだ。
例えば、ミラーアップ機構。これもD2Xと同様でボディ上面のダイヤルで素早く設定できる。ミラーアップがこれほど簡単にできる機種はそうそうない。三脚を使って、じっくり撮影する人にはありがたい機能だ。
だが、逆の言い方をすれば、ここまでの機能が必要な人ってどれだけいるのだろう。やはり本当の意味で喜んでいるのは、プロフェッショナルユーザーなのかもしれない。
でも、プロ向けと言い切ってしまうと、今度は頭にD2Xがつかえている。だから、自ずとD2Xのサブ機という表現になってしまうのだが、これがまた微妙。確かに、D2Xと非常に近い操作感なのだが、微妙なところで違うのだ。
特に、同じようなボタンレイアウトでありながら、違う機能を割り当てているところなどは、2機種を使い分けるときにややっこしくなる。
キヤノンのEOS-1Ds MarkIIとEOS 5Dほど大きく違わないが、それでもやっぱり微妙に違う。
ISO感度設定やホワイトバランス設定のボタンなどはできれば同じ位置にして欲しかった。そうすれば、完璧なD2Xサブ機といえただろう。
だが、一番安心できるのは画像の仕上がり。実写画像を見る限り、D2Xと並べて使っても画像の味付けに苦労はしなそうだ。

まだまだ、使いこなしが甘いのだと思う。おそらくこれから毎日のように撮影をしていくので、またここで率直な感想を書いていきたいと思うので、よろしく〜!
0

2005/11/2

D200使いまくり  デジタルカメラ
やっと発表になりました。ニコンのD200。
ここで書きたくてうずうずしていたカメラ。
いいですね〜。撮りまくってます。(もちろん、β機ですが)
なにがいいって、D2Xっぽい落ち着きのある絵が撮れること。
シャッターのフィーリングもいいし、なによりカッコイイ。
そんなこというと、「カメラはカッコじゃない!」って怒られそうだけど、でもカッコ悪いよりカッコいいほうがカッコイイ(なんじゃそりゃ)。
というわけで、早くもお気に入りです。
しかも、実売価格で20万円を切るって、すごい。
あのスペック、あの質感。あの画質。それであの価格。
ただね。ひとつだけ。D2Xをすでに持っている人は、買い換えなくていいですよ。どっちがいいっていえばやっぱりD2Xですから。(まあ、値段を考えれば当たり前か。)少しでも軽いのがいい人は、まあ D200のほうがいいだろうけど。

実写画像ももちろんあるんだけど、ちょっと掲載は今回は見送り。
あんまり変なの出すわけに行かないし、ちゃんとしたのはいろいろなところで使う当てがあるので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
カシオ EXILIM EX-S600にて
このカメラ、とにかく薄くて動画機能も充実。
S500も愛用しているが、電池寿命が300枚にアップしたのが◎。ムービーもボタン1つで撮れるので、意外とムービーも増えたりします。

ちなみに、写っているモデルさんは、オスカープロモーションの尾上さち子(おのえ さちこ)さん。
D200のロケで昨日鎌倉へ行ってきたのですが、
ご本人が「鎌倉の大仏を見たことない」ということで、
せっかくなので行ってきました。で、記念写真。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ