2005/11/5

EOS 5Dのファインダー  デジタルカメラ
人に会うたびにニコンD200の感想を聞かれ、すっかりニコンD200の話ばかりになってしまった今日このごろ。
もちろん、D200もとっても素晴らしいカメラなのだが、私にとってはまだ未知数のカメラ。

で、もうちょっと使い込んでいるEOS 5Dの話題を1つ。
実は、EOS 5Dもすごい気に入って使っているのだが、ファインダーだけはあまり好きになれなかった。というか、いいかげん、MFのしやすいファインダーを期待していたのだが、今回もその夢は果たされずといったところだ。
だが、一縷の望みとしてEOS 5Dには山がつかみやすい「Ee-S」というフォーカシングスクリーンが用意されたのだ。
これを使わない手はないということで、本日購入。
ちなみに、このスクリーン。F2.8よりも明るいレンズを使用した際にピントの山がつかみやすくなるという。つまり、それよりも暗いレンズでは使いにくいということだ。まあ、いいだろう。どうせ、そんな暗いレンズでMFなんてしないし。
で、さっそくEOS 5Dに装着してみた。
まず、装着後、EF50mm F1.4 USMをつけてファインダーをのぞく。
「おお〜、見やすい!MFもばっちり!!」
とりあえず、一安心。
次に、念のためと、EF24-70mm F2.8L USMを装着。
「う〜ん、なるほど暗くなる。でも、まあ我慢できるレベルか」
まあ、F2.8よりも明るいレンズで・・・と書かれているので、その通り、ぎりぎりの明るさといった感じだ。
ここまでは良かったのだが、ふと我に返ると、EOS 5Dと一緒に買ったEF24-105mm F4L IS USMの存在を思い出した。
「F4はやばいか?」と思いながらも、レンズを装着。
「うわ〜、暗い!これは辛い。やっぱり標準に戻そうかな・・・」
となってしまった。
さすがにF4では室内ではあまりに見にくい。明るい日中なら良いだろうが、夜景とかは撮れなそう。
とはいえ、もともと単焦点レンズでのピント合わせのしやすさを求めてスクリーンを交換したわけだから、ズームレンズは忘れるべきなのだろう。
「いいや、単焦点レンズでのポートレート専用カメラにしちゃえ!」
これが我がEOS 5Dの生きる道となったのだ。

でも、キヤノンさんに聞くと、人間の目でピント合わせるよりAFのほうがずっと正確だという。まあ、そうなのかもしれませんが、やっぱり目で見たものを信じたいじゃないですか。
みなさんはどうお考えでしょうね。MFで合わせたいって人は少ないのかな〜。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ