2005/12/8

作品撮りもしなくちゃ  デジタルカメラ
このところニコンさんのD200イベントやら、
各出版社さんのD200ムックやら本誌やらで大忙しだが、
そればかりにうつつを抜かしているわけにもいかない。
やっぱり写真をしっかりと撮らねばと思う今日この頃。
自分の撮りたい写真を、撮りたいように。
そして見せたいように。

そういう意味では雑誌などの撮影は、自分の写真のようで、そうじゃないこともある。
年末も近づいてきたが、まだまだ今年は終わらない。
もっと写真を撮るぞ〜。

さて、話はちょっとだけ、カメラのこと。というか、画像ソフトのこと。
デジカメ全盛の現代では、画像管理ソフトは本当に大切だ。
私は愛用しているのは、主に
「MuseViewer Pro」

「フォトのつばさ」
どちらも画像の表示が速いのが特徴。
フォトのつばさは新しいデジタル一眼レフが出るたびに、バージョンアップしてくれるので、私みたいないろんなカメラ使う人には大変便利。
そして、MuseViewer Proも久々のバージョンアップ。うれしい。
カメラがこれだけのスピードで進化するわけだから、ソフトもそれに負けないで欲しいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX DMC-FZ30にて
毎日持ち歩くにはちょっと大きめだが、
35-420mmをカバーすることを考えればなかなかの小ささともいえる。
最近のLUMIXは16:9モードが搭載されているので、
ついつい面白くてそのモードで撮ってしまう。
上下をカットするため、ちょっと画素数が落ちるのだが、そんなことはどうでもいいのだ。
強烈な逆光のため、描写も強烈。でも、これでいいのです。
それを狙って撮ったわけだから。
これで白飛びしない、黒つぶれしないカメラがあったら、
それコントラストに問題あります。

女性を撮るのも楽しいけど、こういう風景も楽しいですよ(笑)。
でも、もちろん女性撮るの楽しいですよね〜。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ