2006/2/14

パナソニックのデジカメ発表  デジタルカメラ
本日、パナソニックの新しいデジカメの発表会があった。
パナさんは、このところすごい勢いで新製品を出している。
今日の発表はデジカメ3モデルと昇華型プリンターの2モデル。

まずは28mm相当からの3.6倍ズームを搭載したDMC-FX01。薄くてスタイリッシュなボディを持ちながら、28mmの広角撮影ができるのが魅力だ。FXシリーズもずいぶんと進化してきたなあというのは率直な感想。欲しいかも。

次はコンパクトなボディに光学10倍ズームを搭載したDMC-TZ1。旅のお伴に最適な一台というコンセプトだ。液晶モニターは可動しないが、その代わりにハイアングルでも液晶が見やすいように工夫された「ハイアングルモード」が搭載されている。デザインは好きずきだが、私は今ひとつぴんと来ない・・・。でも、FZシリーズよりも小さくて便利かも。

そして、もう一台が単3形電池で駆動するDMC-LS2
これといった驚きはないが、まあ初心者には手ぶれ補正もあって安いということで買いやすいモデルだろう。おじいちゃんにプレゼントなんかすると喜ばれそう。

昇華型のプリンターのほうは、まあ私の専門外なんであまりコメントはありません。でも、ちっちゃいモデルのほうは、「旅先でもプリント」っていっているなら、せめてバッテリー駆動してほしい。そしたらロケ先でプリントできるのに・・・。ちょっと残念。

しっかし、ほんとにラインアップが増えたもんだ。
いずれ、またすべてのモデルに後継機がでるとすれば、今から開発者の人たちも大変でしょうね。元気な会社です。その勢いで一眼もよろしく〜。

クリックすると元のサイズで表示します
発表会はネクタイを締めたカッコイイ男性の説明でしたが(笑)、そのあとの展示会場にはちゃんと素敵なお姉さんたちがカメラを持って待っていてくれた(私を待っていたわけじゃないか)。そうそう、バレンタインデーということでチョコレートも配ってましたね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年秋にパナソニックセンターでビエラで見せるPHOTOS写真展をやりましたが、
そのときの写真の一部が展示会場でも展示されていました。
自分の写真が発表会で使われるというのも、写真展とは違ったうれしさがあるものですね。
0

2006/2/13

EOS kiss DIGITAL Nと20D  デジタルカメラ
昨日はカメラ雑誌の仕事でEOS kiss DIGITAL Nと20Dを使った撮影だった。
2台とも超最新のデジカメではないがもちろん現行機種だ。
だが、最近のデジタル一眼レフの多くが2.5型液晶を搭載しているため、久しぶりに使う2台の1.8型液晶モニターが小さく感じること!
コンパクトデジカメと違って液晶モニターは撮影時には使わず、画像の確認にのみ使用する。だからそれほど液晶モニターの大きさは重要でない気もするが、それでも大きいに越したことはない。
風景やスナップなどではおおざっぱに確認してピントをチェックする程度なのだが、モデルさんを使った撮影では液晶を見せてイメージを伝えたりする重要なツールとなるのだ。そういった意味でも、可能な限り大きな液晶がうれしい。はやく3型液晶とか搭載してくれないかな〜などと思った一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
モデルさんは、小嶋じゅん ちゃん。
めちゃくちゃ寒い中頑張ってくれた。
でも、撮影が終わって、着替えて暖かい格好をしているこの記念写真が一番リラックスしたいい笑顔でした。そりゃそうか。撮影中は春らしい写真ということで、薄着でミニスカートとかだったもんね。寒すぎて笑顔も凍るわけだ。
0

2006/2/11

D200縞ノイズの回答  デジタルカメラ
昨日(2/10)、ニコンのWebサイトでD200の縞ノイズに関する回答がアップされた。
トップページではなく、「製品に関するQ&A」というページに記載されている。
ちょっと分かりにくいところにアップされたというのが気にならなくもないが、それは企業としての判断なのだから仕方がないことなのだろう。
それに、実際に私が撮影した写真の中でも、このノイズが気になった場面というのはごくごくわずかだった。(使い始めの頃はやっぱり気になったが、使い込んでいくと出る場面も分かるし、実使用ではあまり問題はなかった。もちろん、出ない方がありがたいのもまた事実)

そう考えれば、まあ大騒ぎするほどのトラブルではないようにも思える。
もちろん、夜景スナップがメインの人には辛いかもしれない。
撮影していて気になる、または自分のカメラに欠点があるのは許せないという人は修理してもらえばよいだろう。
一応はこれでメーカーの対策も出たわけだから、これで決着ということだろう。

でも、ひとつだけ。
D200は写真を撮る道具としてみれば、実に良くできた魅力的なカメラだと思う。それでいいんじゃないだろうか。カメラなんだから。もちろん、まだデジタルカメラというのは発展途上だし、これからも改良が進んでいくのだろう。それはまた次のお楽しみということでいいんじゃないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
D200の仕上がり設定を白黒に設定して撮影した。
カメラ一台でカラーとモノクロを瞬時に撮り分けられるのが、デジタルの良さだ。こればっかりはフィルムカメラでは大変だったから。
ちなみにこの写真もよく見れば縞ノイズが出ている。だが、等倍にしなければまず分からないし、プリントで気になることもないだろう。
それよりも、デジタルならではの良さを満喫して、写真を楽しめばいいじゃないだろうか。いやならフィルムを使ってもいいわけだし。もちろん、ほかのデジカメを使ってもいいし。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ