2006/2/11

D200縞ノイズの回答  デジタルカメラ
昨日(2/10)、ニコンのWebサイトでD200の縞ノイズに関する回答がアップされた。
トップページではなく、「製品に関するQ&A」というページに記載されている。
ちょっと分かりにくいところにアップされたというのが気にならなくもないが、それは企業としての判断なのだから仕方がないことなのだろう。
それに、実際に私が撮影した写真の中でも、このノイズが気になった場面というのはごくごくわずかだった。(使い始めの頃はやっぱり気になったが、使い込んでいくと出る場面も分かるし、実使用ではあまり問題はなかった。もちろん、出ない方がありがたいのもまた事実)

そう考えれば、まあ大騒ぎするほどのトラブルではないようにも思える。
もちろん、夜景スナップがメインの人には辛いかもしれない。
撮影していて気になる、または自分のカメラに欠点があるのは許せないという人は修理してもらえばよいだろう。
一応はこれでメーカーの対策も出たわけだから、これで決着ということだろう。

でも、ひとつだけ。
D200は写真を撮る道具としてみれば、実に良くできた魅力的なカメラだと思う。それでいいんじゃないだろうか。カメラなんだから。もちろん、まだデジタルカメラというのは発展途上だし、これからも改良が進んでいくのだろう。それはまた次のお楽しみということでいいんじゃないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
D200の仕上がり設定を白黒に設定して撮影した。
カメラ一台でカラーとモノクロを瞬時に撮り分けられるのが、デジタルの良さだ。こればっかりはフィルムカメラでは大変だったから。
ちなみにこの写真もよく見れば縞ノイズが出ている。だが、等倍にしなければまず分からないし、プリントで気になることもないだろう。
それよりも、デジタルならではの良さを満喫して、写真を楽しめばいいじゃないだろうか。いやならフィルムを使ってもいいわけだし。もちろん、ほかのデジカメを使ってもいいし。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ