2006/3/7

中古カメラ市  デジタルカメラ
10日間のアメリカ旅行から昨夜帰国した。
まだ時差ぼけなのか、今ひとつボケボケしている。

さすがに10日間も日本を離れると、仕事に差し支えるかと思ったが、実はそれほどでもなかった。
理由はやはり高速インターネットの普及だ。
オーランドではネットにつながらずちょっと慌てたが、その後無事につながるようになってからは、メールもFTPもばっちり。
撮った写真をセレクトしてFTP、さらに原稿をメールで送るというシステムが確立していれば、日本でも海外でもあまり変わりなく仕事ができる。
むしろ、写真のバリエーションに苦労しない分だけ、仕事が早いかもしれない。
唯一の難点は、〆切に追われた仕事はしたくなくなるということだ。
とにかくカメラを持って外に出歩きたいし、夜は疲れて早く寝てしまいたい。それさえ我慢すれば、「1ヶ月くらい海外に行っていても、仕事ができちゃうかもな〜」って感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します
サンフランシスコでぶらりと訪ねた「中古カメラ市」。
ここサンフランシスコでは週末になるとどこかしらでこのようなカメラ市が行われているという。(看板にはSUNDAYと書かれているが、やっていたのは土曜日w。)
ガレージの中で行われているのだが、結構な数のカメラ好きが集まってくる。(写真の左奥の薄暗いガレージの中が会場)
すっごい古いフィルムカメラやちょっと前のデジカメ、果ては新品同様の4×5カメラ、レンズ、フィルターまでいろんなカメラ関連グッズが出品されている。
最新デジカメもいいが、こういうディープな世界も楽しいものだ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ