2006/4/30

FinePix F30の第一印象  デジタルカメラ
さてさて、ようやく私の手元にFinePix F30がやってきました。
630万画素のコンパクトデジカメながらISO3200の高感度撮影が可能というこのカメラ、出来映えはどうなんでしょう。
まず、外観デザインからいうとFinePix F10/F11がわりととんがったデザインをしていたことを考えると、かなりオーソドックスな印象。でも、金属感が増して、F11などより高級感が感じられるかもしれません。
ただ、私はF11のデザインが何とも好きだったので、F30にはまだ馴染めないでいます。まあ、デザインというのは好きずきですから。

で、とりあえずちょっとだけ使ってみての感想は、やっぱりこのカメラ、めちゃめちゃ高感度がいい!
フルオートでも暗いところでは感度がバンバン上がってくれるし、フラッシュオフでも夜のスナップは快適。ISO400なんてもう常用感度といってよいでしょう。というかISOオートでガンガン撮ればOK。
しかも、1回のシャッターでフラッシュのあり/なしの2枚の写真が撮れる「高感度2枚撮り」機能も搭載された。これはFinePix V10で採用された機能なのだが、ほんとに便利。フラッシュを使う方がきれいか、使わないほうが自然かで悩むような場面では、両方撮っちゃえばいいじゃんという発想。
ただ、モード切替用のレバーがちょっと小さくなってクリック感がないのが気になりました。
あとは、これで手ぶれ補正機構を搭載してくれれば無敵のコンパクトデジカメなのに〜と欲深な感想を持ったりして。
まあ、とりあえず第一報はこんな感じです。
サンプル画像に関しては、まだ雑誌等で使うカットが決定していないので、また後日。

1

2006/4/27

フォトコンテスト  デジタルカメラ
最近、いろいろなところでフォトコンテストなんぞの審査をやらせていただいております。
ほかの方が撮った写真に順位をつけるなど、とてもおこがましく、できればお断りしたいのが本音。でも、お付き合いの中で頼まれるので、まあ仕方なくやらせていただいています。

そんなわけで、私のフォトコン審査の基準もわたしなりに。
「撮りたいと思ったものが写真からにじみ出ている写真がいい写真」
これに尽きます。
写真を見た瞬間に「あ〜、これが撮りたかったんだな〜!」とイメージできる写真。シャッターを押す撮影者の気持ちがにじみ出ているような写真を選んでいます。
どんなにかっこよく、きれいに写っている写真でも、どんな技術を駆使していようとも、写真からにじみ出るオーラには勝てません。
それとちゃんとプリントしてある写真。
インクジェットプリンターで出力するのが当たり前になってきていますが、やっぱりノズルの目詰まりや用紙選びなどはちゃんとやりましょうね。紙で応募する以上、プリントも作品の評価のうちです。
ま、雑談ですが。
でも、アマチュアの方の写真でも、いっぱい写真を見せてもらうのはやっぱり勉強になります。

クリックすると元のサイズで表示します
某カメラメーカーの社内フォトコンテストの審査風景
L判プリントで400枚以上の写真からとりあえず第一次審査ということで50枚程度の予選通過者を選ぶというもの。
会議室中のテーブルをすべてくっつけても一回では全部乗り切りませんでした。みんなそれぞれに撮った人の思い入れがあるわけだから、一枚一枚じっくりと見せていただきました。ほんとは全部の写真に「***賞」とつけてあげたいくらい。でも、選ばなければ終わらないので、心を鬼にして・・・バッサリ。
(ちなみに、今回はまったくアマチュア写真ということで、プリントの仕上がりは評価しないというルールでした。)
0

2006/4/25

IXY DIGITAL 800 IS  デジタルカメラ
ようやくこのカメラのレビューも一段落。
カメラ誌、パソコン誌、Webなどでレビューを書いたおかげで、
ずいぶんといっぱい触ることとなった。
まあ、手ぶれ補正機構付きの4倍ズームモデルとしては良くできていると感じる。
ただ、新しいIXY DIGITALシリーズを使うたびに感じるのだが、なんか優等生っぽすぎて、ドキドキ感に欠けるのだ。画質もいいし、操作性もシリーズ全体で一貫性があって使いやすい。でも、う〜ん、欲しい!って思わせる何かが足りない。もちろん、とってもお勧めできるカメラなんだが・・・。なんだろう?単に贅沢なだけだろうか。コンパクトにワクワクドキドキはいらないのかな〜?正直なところ分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します
IXY DIGITAL 800 ISにて。
パリの郊外では新緑ののどかな風景が楽しめました。
風景写真家ではない私はもっぱら運転役でしたが。
だからクルマを駐めたところの景色しか覚えてないんですw
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ