2006/4/9

D200セミナー終了  デジタルカメラ
ニコンD200体験セミナーもとりあえず私の担当分は今日で終了となった。
準備も含めてそれなりに大変なのだが、
やっぱり写真大好きなユーザーのみなさんと直接会って話ができるのは楽しい。
毎度、同じことを書くようだが、みなさんの熱心さには頭が下がる思いだ。色々話していると、「はは〜、そんなところに興味あるんだ〜」とか、「そんなところで悩んでいるんだ〜」などという発見がいっぱいある。雑誌などで仕事をしていると、どうしても情報が一方通行になりがちなので、こういうセミナーは勉強にもなる。

最近とにかくみなさんに伝えていること。
それは「そしてスペックうんぬんよりも、とにかく写真をいっぱい撮って、思い出を残しましょう。」ということ。
デジタル時代になって、フィルム代や現像代が掛からなくなったので、とにかく撮りたいものを見つけたときに撮るのが勝ちだ。

ということで、私はやっぱり写真大好き!です。

それと、セミナー会場で「ブログ見てますよ〜」とか「応援してますよ〜」と言ってくれたみなさん、ありがとうございます!またお会いするのを楽しみにしています。

クリックすると元のサイズで表示します
D200にて。
セミナー会場に向かう途中で見つけた桜。
もうはっぱが出ていますが、まだしぶとく桜撮ってます。
でも、東京はもうほんとに終わりだな〜。桜。
0

2006/4/9

ニコンD200体験セミナーにて  デジタルカメラ
今日のD200体験セミナーは東京会場だったのだが、
参加者の方の中に、以前どこかのセミナーでお会いした方が何人かいらっしゃった。
そのうちの何人かは「●●のセミナーに参加しましたものです」などと声をかけてくれたのだが、これが何ともうれしい気分。
また、懲りずに私のセミナーに参加してくれたんだ〜という喜びがある。
セミナーという短い時間だが、多くの人に出会うことができ、そしてまたいつか再会することができる。

ちょっと、写真とかけ離れた話題のようだが、私にしてみれば写真をやっていたからこそできた体験なのである。
そういう意味で、本当に写真をやってて良かったとあらためて実感。
明日もまたD200セミナーがある。
私は知らない人を撮るときに出会いを感じてその人に声をかけるのだが、
やっぱり出会いって素敵なんだと思う。
なにかとギスギスした世の中のようですが、人と人との出会いは大切にしたいものです。
そんなことを考えつつ、明日に備えて今日は早寝です。
0

2006/4/8

コンパクトのAF速度  デジタルカメラ
コンパクトデジカメではまず99%オートフォーカスを使った撮影となる。だが、当然のことながら一眼レフほどAF速度が速くないのが一般的。
AFがもっととてつもなく速ければ、コンパクトはもっともっと写真愛好家に売れる気がするのだが・・・。
だが、昔はコンパクトタイプのカメラでも手動でピント合わせを行っていたわけだし、そう考えるとAFが付いているだけでも実はすごいのかもしれない。人間の慣れとは恐ろしいもので、最初は驚いていたこともしばらくすると当たり前になってしまう。例えばテレビなんかもそうで、もし今時、リモコンでチャンネルが変えられなくて、ガチャガチャと回すチャンネル用のダイヤルが本体に付いてたらきっと若い子なんかは使い方が分からなかったりするかもしれない。時代の変化とは恐ろしいものだ。

明日(4/8)と明後日(4/9)はニコンのD200体験セミナー。
東京会場なので、自宅から通勤だ。
地方と違って前日入りとかないから、いまいち盛り上がりに欠ける。
ま、当日になると結局、張り切ってしまうのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
FinePix F11にて。このカメラのAFは非常に快適。「明るい屋外で」と条件付きになるが、それでもコンパクトデジカメとしては実に速い。今更、なんでF11の話かといわれそうだが、次に控えているF30でそのあたりがどうなっているか気になっているからだ。F11よりもさらに速いとうれしいのだが、ときおりカメラというのは意外なところが悪くなっていたりすることもあるので、実機を触ってみるまではなんともいえない。さて、こうご期待。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ