2006/4/30

FinePix F30の第一印象  デジタルカメラ
さてさて、ようやく私の手元にFinePix F30がやってきました。
630万画素のコンパクトデジカメながらISO3200の高感度撮影が可能というこのカメラ、出来映えはどうなんでしょう。
まず、外観デザインからいうとFinePix F10/F11がわりととんがったデザインをしていたことを考えると、かなりオーソドックスな印象。でも、金属感が増して、F11などより高級感が感じられるかもしれません。
ただ、私はF11のデザインが何とも好きだったので、F30にはまだ馴染めないでいます。まあ、デザインというのは好きずきですから。

で、とりあえずちょっとだけ使ってみての感想は、やっぱりこのカメラ、めちゃめちゃ高感度がいい!
フルオートでも暗いところでは感度がバンバン上がってくれるし、フラッシュオフでも夜のスナップは快適。ISO400なんてもう常用感度といってよいでしょう。というかISOオートでガンガン撮ればOK。
しかも、1回のシャッターでフラッシュのあり/なしの2枚の写真が撮れる「高感度2枚撮り」機能も搭載された。これはFinePix V10で採用された機能なのだが、ほんとに便利。フラッシュを使う方がきれいか、使わないほうが自然かで悩むような場面では、両方撮っちゃえばいいじゃんという発想。
ただ、モード切替用のレバーがちょっと小さくなってクリック感がないのが気になりました。
あとは、これで手ぶれ補正機構を搭載してくれれば無敵のコンパクトデジカメなのに〜と欲深な感想を持ったりして。
まあ、とりあえず第一報はこんな感じです。
サンプル画像に関しては、まだ雑誌等で使うカットが決定していないので、また後日。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ