2006/6/30

最近お気に入りの画像ビューアソフト  デジタルカメラ
以前から、何度かこのブログで画像ビューアソフトについて書いているが、
最近のお気に入りは
ACDSee Pro Photo Manager」というソフト。
ACDSeeの最新版なのだが、なんとニコンやキヤノンのRAWファイルの拡大表示&RAW現像ができるようになった。
といっても、英語版のみでダウンロード販売で129.99ドル。
試用版もダウンロードできるのだが、私は意外に使い勝手が気に入り、英語版にもかかわらずすかさず購入してレジストしてしまった。
ちなみに日本語版はACDSee8までで、こちらはRAW現像ができない模様。(使っていないので確証はありませんが、ホームページを見る限り、どこにもRAW現像に触れていないので。)

まあ、RAW現像ソフトはすでにいっぱいあるので、現像できることのメリットはそれほど多くないけど、一応新しいRAW現像ソフトはぜんぶ試してみたいと思っている。理由は前にも書いたかもしれないが、RAW現像ソフトというのはフィルムでいうところの現像液にあたるもの。ならばいろんな現像液を使って、自分好みの写真を作りたいじゃないですか。
デジカメのRAW現像は廃液処理も必要なく環境にも優しいし、温度管理なんかも不要。気軽に新しい現像液(ソフト)を試すことができます。

クリックすると元のサイズで表示します
サムネイル表示の画面はこんな感じ。
プロパティもいろいろと表示できるが、すべて英語表記です。
感覚値ですが、私がいままで使っていたACDSee7 日本語版よりも軽快に動作している気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
RAW現像の画面はこんな感じ。
一応、必要最低限+αのことはできます。
ていうか、RAW現像に必要な内容はすべて網羅しています。
興味あるかたは一度トライアル版を使ってみてはいかがですか。
0

2006/6/29

デジタル一眼レフも手ぶれ補正が大流行  デジタルカメラ
最近では、コンパクトだけでなくデジタル一眼レフでも手ぶれ補正が注目されている。キヤノンやニコン、パナソニックは手ぶれ補正機構付きのレンズを出してくるし、ソニーとペンタックスはボディ内手ぶれ補正を搭載している。
私がまだ学生の頃は、フィルムを入れずにスローシャッターを切って、ぶれないようにホールドする練習なんぞをしたものだが、それももう過去の話。でも、いくら手ぶれ補正機構がついていても、やっぱりしっかりとカメラをホールドできないと写真はぶれてしまう。(ま、将来はどんな撮り方をしてもぶれないカメラとかが出てくるのかもしれないが)

AEもしかり、AFもしかり。出たばかりの頃は賛否両論あるが、結局、人は便利な機能に慣らされてしまう。
私も別に便利機能には反対しないが、でも不便さが楽しいっていうこともある。そのあたりは難しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します
ペンタックス K100Dにて。
ISO400で1/45秒のシャッター速度。
このあたりの速度ってぶれないようで、実は結構微妙にぶれてしまうことが多い。そんな時でもボディ内手ぶれ補正があると安心してシャッターが切れる。

K100Dなんですが、ボディ内に手ぶれ補正機構を搭載しているだけでなく、ボディはコンパクトだし、ファインダーは見やすいし。
派手さはないが、実に良くできたカメラだと思う。
連続撮影枚数がちょっと少ないのと、
RAWモードでJPEGの同時記録ができないのがちょっと残念。
0

2006/6/28

カメラの常識  デジタルカメラ
最近、毎週のように地方ににいっている。
海外も毎月のように行くし、なんか東京にいる時間がめっきり少なくなってきた。
でも、わたし、東京っていう街、好きなんです。
生まれてからずっと東京でしか暮らしたことないんで。

東京に生まれ育てば、東京の常識が自分の常識。
ニコンばっかり使ってきた人は、ニコンのカメラの操作性などが常識。
キヤノンばかりの人は、キヤノンが常識。
その点でいえば、私はカメラに関する常識はあまりないのかも。
固定観念がない分だけ、どこのメーカーのカメラでも割とすんなりと使えます。

でも、やっぱりカメラメーカーのカメラって、どっか使いやすいと感じる。やっぱりその昔からやってきた蓄積があるからでしょうか。
最近ではソニーさんやパナソニックさんなど、家電メーカーのデジタル一眼レフが注目されています。
でも、古くからのカメラメーカーの良さは取り入れて、さらに家電メーカーらしさを出してほしいですね。
ま、固定観念のない私は、きっとあっさりと慣れると思いますが(笑)

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ