2006/6/25

デジタル一眼レフのレンズ選び  デジタルカメラ
新しいデジタル一眼レフカメラが続々と登場しているが、
一眼レフの場合、カメラ本体だけではその良し悪しを語れない部分がある。それがレンズだ。
まあ、一般ユーザーの場合、レンズキットなどを購入して、それで楽しむというパターンがほとんどだろうが、やっぱりそれだけじゃデジタル一眼レフの楽しみとしては十分ではない。
レンズをガンガン替えてこそ、楽しさが味わえるというものだ。
特に私は単焦点レンズが大好き。
ズームに比べると、圧倒的に不便だし、コストパフォーマンスも悪いかもしれない。だが、ズームにはない割り切りの良さとぼけ、そして明るさがあるのだ。
先日、パナソニックがL1の発表会で、25mmF1.4も開発することを発表したが、そんな面白レンズをほかのメーカーもどんどん出して欲しい。
実は、この手の面白レンズは、カメラメーカーよりもサードパーティメーカーのほうが得意かもしれない。
例えば、シグマ30mm F1.4 EX DC/HSM
APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ専用設計で、実に面白いレンズだ。
最近はD200に装着して、スナップレンズとして楽しんでいる。
こういうレンズをぜひとも各社から出して欲しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ニコン D200 + シグマ 30mm F1.4 EX DC/HSMにて
F1.4の開放ではちょっとポヤッとしているが、このボケボケ感がたまらなく好き。
こういうレンズは解像力うんうんよりも味で楽しみたいもの。
APS-Cサイズのカメラはぼけを楽しみにくいのだけど、こういうレンズを使えば十分にぼけが楽しめる。
現在の私のめちゃお気に入りレンズ。
夕方の手持ちポートレートなんかには最高です。

APS-Cサイズの撮像素子を持ったデジタル一眼レフを使っている人なら、ぜひとも一本ご用意くださいまし(笑)。
4/3マウント用のレンズも発売予定なんだけど、まだ発売には至っていない様子。待ち遠しいものです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ