2006/7/12

プロのデジタル化もいろいろ  デジタルカメラ
昨日は日本写真家協会(JPS)の新入会員写真展の受付当番として会場に行ってきました。
ほかの写真家さんたちと話をしながら、和気あいあいと楽しい時間を過ごしてきたわけだが、その方々と話していて感じたことは、「やっぱりデジタルはまだまだなんだ」ということ。
フィルムとデジタルの優劣の話ではない。
ほとんどの写真家さんはデジタルを否定はしない。
だが、長年培ったフィルムでのワークフロー、ノウハウがあるため、デジタルになると急に「よく分からないもの」になってしまうみたいだ。
発色にしても、プリントにしても、「とことんやったがダメだった」というのではなく、「ちょっとデジタルも使ってみたがなんだかフィルムとは発色も違って、使いにくかった」という感じだ。
雑誌なんかの世界では、どんどんデジタル化が進んでいるが、その一方で作品を作る写真家にとってはまだまだ海のものとも山のものとも分からないものなんだろう。
昨日は改めてそれを実感。

でも、ひとつだけ疑問。
「デジタルっていうのはなんでもかんでも後処理でできちゃうでしょ!」っていう人も多いが、その方々の多くが「デジタルではフィルムみたいな味のある発色は出せない」っていう。
後処理でなんでもできちゃうってほんとに思っているなら、後処理でフィルムみたいな味にすればいいんじゃないですか〜。ちょっと矛盾しているような・・・。(昨日の会話とは関係ない話ですが)

クリックすると元のサイズで表示します
F30にて。写真展会場の様子。
61人の新入会員が一人2点ずつの作品を展示。
それぞれ分野がバラバラなんで、写真もほんとにバラバラです。
ちなみに私の写真は、画面左から2列目の赤いやつと青いやつ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ