2006/9/21

写真展を見て思うこと  デジタルカメラ
本日は麹町にあるJCIIフォトサロンに写真展を見に行ってきた。
以前もこのBlogで紹介したことのある山田脩二さんの作品展「山田脩二 写真の軌跡」を見るためだ。
作品は1960年代を中心とした日本の風景や人物で、モノクロプリント約80点が展示されていた。(今回の作品展のためにご自身で暗室にこもって焼き直したそうです。)
幸いにして会場には山田脩二さんがいらしていて、じっくりとお話を伺うことができた。しかも話をしているうちに「ちょっと外で一杯飲もう」と誘われるというおまけ付き。(私はクルマだったので、ノンアルコールでお付き合いさせていただいたが。)
ちなみに、山田脩二さんの先輩にあたる方まで同席されて・・・さすがにちょっと緊張しました。

話をしていて感じたことは、写真の持つパワーと記録としての意義。
ハッキリいって、40年前のネガからプリントした写真は粒子も粗いし、今のデジタル一眼レフよりも画質が悪いものだってある。
でも、作品からは、そんなことは一切関係ないというパワーが感じられる。
ちなみにご本人にそんな話をしたところ、「黒いところはぶっつぶれてていいの。白いところは白く飛んでてもいいの。そんなことは全然関係ないんだから〜」とおっしゃる。その言葉、とっても重みがある。そしてなんともうれしい〜。

私がいうのはおこがましいのだが、ほんとにすごい写真をいっぱい見せてもらった。
継続は力なりというが、本当に撮り続けることのすごさを改めて実感したのだ。

まあ、私の場合、仕事がらノイズのチェックなど細かなこともしなければならないこともあるが、それでも写真の本質を見失わないようにしたいと思う。
自分の撮りたいもの、そして今を生かしてもらっている自分の存在意義を写真に残すこと。それが大切なんだと思う。
別に山田脩二さんに感化されたわけじゃありませんよ。いつもそう思っていることを改めて再認識できたという感じです。
でも、ほんとにすごい人です。(当たり前ですね、大先輩なんだから)
写真展は9/24(日)までやってます。
写真の持つ力を再認識したい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
写真展の帰りに、「うん、やっぱり写真を撮ろう」ということで、銀座の街をブラブラ、パシャパシャ。
別に深い意味はなかったんだけど、今日は久々にD2Xを持ち出していた。
やっぱり写真を撮ろうという意気込みによくマッチするカメラですよね。D2X。スナップに持ち歩くにはちょっと重いけど・・・。
山田脩二さんご自身も撮らせていただいたんだけど、ご本人にちょっとお酒が入っていたせいもあって、「写真、Blogに載せてもいいですか?」って聞きそびれた。
大先輩にカメラ向けるのちょっと緊張しました(笑)。
0

2006/9/19

LUMIX FX07の新機能  デジタルカメラ
「あゆは28mm」に続いて「花嫁は28mm」というなんだか不思議なキャッチコピーで登場してきたスリムコンパクトLUMIX DMC-FX07
確かに、スナップカメラとしてはワイド側が28mmからというのはありがたい。
光学3.6倍ズームを搭載しているから、テレ端も102mm相当ということで、まあ近距離中心の被写体ならほとんど望遠側が欲しいということはないだろう。
つい先日まではパナソニックは高感度に弱いって言われてたけど、このモデルではマニュアル設定でISO100〜1250までいけちゃう。「高感度モード」にセットすればISO3200までOKというのだから、もう高感度に弱いといわれることはないだろう。ISO800以上ではまだちょっとノイジーな感じが気になるが、それでも暗いところでも手持ちで撮れるというのは心強い。パナソニックのことだから、きっと次のモデルはさらに高感度もきれいになることでしょう。

で、このカメラのISO感度にはもう一つ進化した機能があって、被写体の動きを検知して、相手が動いていると自動的に感度を上げて被写体ぶれを防いでくれるのだ。「インテリジェントISO感度コントロール(I ISO)」というのだが、これってすごい。今までのオートISOは被写体の明るさだけで感度を上下していたのだが、こいつは動きまで計算してくれる。
そんなわけで、「普通のスナップならずっとI ISOにしておけばいいや」ということでカメラをもって出かけた。
そしたら、気がついたことが。
I ISOにセットしておくと、本来絞り値とシャッター速度が両方表示される設定でも、シャッター速度が表示されないのだ。シャッター速度が表示される位置に、「I ISO」という文字が表示される。おそらく、シャッターを切る瞬間の動きを検知してISO感度を決めるため、シャッター半押しではまだ感度が決まっておらず、つまりシャッター速度も決まっていないということなんだろう。
おそらく仕組みはそうなんでしょう。
でもね、被写体ぶれを防いでくれる機能がオンになっていると、シャッター速度が表示されないっていうのはどうなんでしょう。なんか「カメラがちゃんと考えているのだから、おまえは余計なことを気にするな」と言われているような気がする。
シャッター速度が分かるのは、シャッターを切った直後。撮影時にはシャッター速度が決定されているので、それが表示されるのでしょう。
う〜ん、どうなんでしょう。この流れ。ちょっと疑問。
ちなみに普通のISOオートの設定では、半押しでシャッター速度は表示されます。
やっぱりシャッター切る前にはシャッター速度と絞り値は把握しておきたいな〜わたしは。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX DMC-FX07にて。
夕焼けがきれいでシャッターを押したのだが、ホワイトバランスも露出もオートのままでこんなにきれいに撮ってくれるんですね〜。最近のコンパクトデジカメはほんと進化しました。こういうシーンでも28mm相当のワイドってありがたいです。
0

2006/9/15

札幌にて  デジタルカメラ
昨日からニコンD80 Digital Liveで札幌に来ている。
札幌は涼しいのかと思いきや、昼間は28度とかで結構暑い。
でも、夜はとっても涼しくて過ごしやすい。
全国6カ所でのDigital Liveも折り返しを向かえて、明日の札幌、来週の仙台、そして福岡で終了だ。
お祭り大好きの私としては、イベントが終わるのはとっても寂しい気分。
でも、終わったらじっくりと作品撮りもしたいと思っている。

さて、D80についてだが、やっぱり軽いというのは快適。
全国行脚のお供にD80も持って歩いているのだが、ズーム1本付けて歩くぶんにはほとんど荷物にならない。撮影旅行ではズーム1本というわけにはいかないが、気軽な旅行ならこれでもOKだろう。
軽くても性能的には満足できるし、使い勝手も抜群。
しばらくは旅のお供のメインカメラとして活躍してくれるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌もさすがにまだ紅葉は見られない。
ということで、ちょっと赤くなった落ち葉を見つけてカメラを向けてみました。
今年はいつどこで紅葉を撮れるのだろうか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ