2006/10/11

未だ紅葉は撮れず  デジタルカメラ
昨日まで秋の京都にいっていたが、
さすがにまだ紅葉はしていなかった。
それでも10/9は体育の日ということで、かなりの人手。
やっぱり京都って言うのは人気の高い街なんですね〜。
鈴鹿のF1から比べれば、のんびりと歩くこともできるし、
人の波が切れるのを待ってシャッターを押すこともできるので、
まあそんなに人混みが気になるというほどでもないのだが。

さて、このところ京都に足繁く通っている理由はといえば、
11月にオリンパスサロンで写真展を行うから。
またいつものPHOTOSメンバーによるグループ展ですが、
前回キヤノンさんでやらせてもらった「パリ」に続き、今回は「京都」。
なんか西洋と東洋の古都っていうことですが、実は人間的にも似ている気がする。
意外と難しいです。人を撮るって。でも、まあ頑張っております。

今回、私が京都で使用しているカメラは、オリンパス E-330。
ライブビューがひとつのウリとなっていますが、
やっぱりそんなに頻繁には使わない。(特に人を撮るときはですね)
一眼レフというのはやっぱりファインダーをのぞきながらシャッターを切るほうが理にかなっている気がする。ファインダー越しの被写体を見ながら、しっかりとピントを合わせて一瞬を切り取る。なんかこれが一眼レフって気がしますね〜。
その点で言えば、E-330のファインダーはもう少し何とかしてほしいというのが正直なところ。だって、液晶モニターで見ているほうがピントも構図も分かりやすいんだもん。ライブビュー機能に不満はありません。それはそのままでいいので、ぜひファインダーも見やすいカメラを作ってくださいまし。
そんなにライブビューが見やすいなら、そっちを使えばいいじゃないか。という方もいらっしゃるかもしれませんが、やっぱり違うんです。ファインダーをのぞきながらシャッターを切るのと、液晶モニターを見ながらシャッターを押すのでは。


クリックすると元のサイズで表示します
遠くに見える木がわずかに色づいていたので、なんとか絵にならないかな〜と思ってシャッターを切ったのですが、やっぱりダメでしたね。手前のカエデがあまりにも濃〜い緑じゃ。そういえば、このカットはライブビューを使ったような気がする。少しでも高いアングルからシャッターを切りたかったので、カメラを高く持ち上げて撮ってた記憶があります。そういうときにはほんとに便利ですよね、ライブビューさん。
0

2006/10/8

F1撮影もデジカメが主流?  デジタルカメラ
鈴鹿のF1日本グランプリに行ってきたが、
どこの撮影ポイントに行っても、一眼レフカメラに超望遠レンズを付けた人たちがいっぱい。
使用機材を見てみると、大部分の方がデジタル一眼レフのよう。
もちろん、フィルムカメラユーザーもまだまだいるが、この数年間で着実にデジタル比率が高くなっている。特にF1は速度が異常ともいえるほど速いため、いっぱい撮ってその中から成功カットを探すというのがパターンだから、フィルムよりもデジタルが受け入れられやすいのだろう。
みんなほんとに本気の機材でした。(連写しまくりの音が何とも印象的)
そんな中、私はというと、メイン機材がパナソニックのLUMIX DMC-FZ50。
一応、D80も持って行ったが、お仕事がFZ50での撮影のため、99%のカットはFZ50だ。確かに、F1撮るならデジタル一眼レフのほうが連写も効くし歩留まりもいい。
ほかのお客さんに混じって撮影をしていると、FZ50でF1を撮っている私は、とてもお仕事っぽくない感じ(笑)。
でも、仕事だからちゃんと決めカットは撮ってきましたよ。
その写真は10/20発売のデジタルカメラマガジンにて。
お楽しみに〜!

クリックすると元のサイズで表示します
FZ50で撮ったパナソニックトヨタ。
1/60秒というシャッター速度はF1撮影にはかなり辛い速度。
でも、決まるととっても楽しいんです。
もっとアップの決めカットは雑誌などで使う予定のため、予備のカットでご勘弁。
ちょっと引目の絵ですが、ノートリミングです。
0

2006/10/7

鈴鹿F1でなぜか山奥のロッジに?  デジタルカメラ
昨日から鈴鹿F1の撮影に来ている。
日中はもちろん、サーキットで撮影。
で、夜はといえば宿泊地が松阪の山中のロッジ。
ロッジのちゃぶ台で原稿書いて、
そしてメールで原稿を送るために、街までドライブ。
いやいや、久しぶりです。
こんなにネット接続に苦労するのは。
ちなみに、日曜日の晩まではこんな感じです。
でも、なんとか頑張っています。

コメントをいただいているみなさん、レスは後日させていただきます〜すみません。
そして、お仕事のご連絡がある方へ。
PCメールは携帯で受信してますが、返事は遅くなるかもしれません。電話は一応つながってます。では、よろしくお願いいたします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ