2007/1/25

カメラと散歩  
写真展は毎日18時までなので、意外と一日の終わりは早い。
早いといっても、その後にお食事のお誘いなんかがあったりするため、基本的には夜の予定は何もいれないことにしている。
今日は別になんのお誘いもなかったので、閉館後はのんびりと銀座の待ちを散歩する時間があったりした。
そんなこともあろうかと、今日はエプソンのR-D1sにズミクロン 35mmF2を付けた軽量カメラセットを持ってきていた。そして、カメラをぶら下げながら銀座の街をブラブラ散歩。
「カメラって何でも一緒」と思う反面、やっぱり持っているカメラによって気分が変わるのも事実。
気分を変える要素は色々だが、重さというのは結構大きい。特にお散歩のお伴に重たいカメラをぶら下げていると、ついつい早めに切り上げてしまいたくなるもの。
そして、カメラのデザインなんかも重要。ついで、シャッター音とか操作性とかだろうか。

エプソンのR-D1sというカメラは、ご存じのとおりレンジファインダーカメラで、ピント合わせは手動で行う。でも、このピントリングを回してピントを合わせ、シャッターを切るという動作が実に心地よい。
ポートレート撮影などではAFカメラでもマニュアルでピントを合わせたりするが、それとも違った感覚。最初からAFがないという割り切りの良さがいいのだ。
しかもレンズを装着した状態でもとても軽いので、撮らずにぶら下げているときでもほとんど苦にならない。
メニューの操作性なんかはもう少し改善してほしいと思ったりもするが、まあそれもこのカメラだと愛嬌だと許してしまいたくなる。
たまにはこういうのんびりとした空気感で撮影するもの楽しいものです。


クリックすると元のサイズで表示します
気分が変わると撮りたいものも変わります。
とくに古いタイプのズミクロンを付けると、なんともいえないボケとちょっとハレーションぽい描写を楽しみたくて、キラキラしたものなんかに目がいってしまいます。
写真はお店のショーウインドウにぶら下げてあったキラキラしたテープ(そうとしか表現できないような単なる飾りだったんです)。
デジタル一眼レフを持っていたら、おそらく通り過ぎてしまったであろう被写体だったりします。気分が変われば撮るものも変わるんです。
写真ってやっぱりその人の気持ちを写すんですね〜。

さて、明日はどんなカメラを持って銀座に行きましょ。
(明日も写真展会場でみなさんをお待ちしております)
0

2007/1/24

写真展開催中  
おかげさまで写真展を無事に開催させていただいております。
なるべく毎日会場にいるようにしておりますが、
仕事もあったりして、会場を抜け出していることもあります。

展示している写真を見ながら、お客さんと話をしていると、
やっぱり男性と女性では感性が違うんだな〜と痛感する。
男性はどちらかというと、「撮るの大変そう〜!」とか「この写真カッコイイ!」っていうのを評価してくれる。
一方、女性は、日常のほんの一瞬を切り取ったような写真を褒めてくれる。「優しい雰囲気」っていうのがいいようだ。
自分自身を表現するための写真展なのだが、お客さんのダイレクトな感想はすごくためになります。

写真展は1月27日(土)までやっております。
http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/salon/salon3.html
0

2007/1/21

来週からの個展準備完了  デジタルカメラ
来週からの個展準備が完了しました。
展示する作品はすべてデジタル一眼レフカメラで撮影したもので、
プリントはカラーありモノクロあり。
プリントはすべてエプソンのPX-5800で印刷したものです。
ちなみに、カメラは何を使ったのかと気にされる方も多いでしょうが、
実は色々。
昨年、一昨年と何度も行ったアメリカの写真を展示しているので、
そのとき自分が持って行きたいと思ったカメラで撮ったものです。
キヤノンあり、ニコンあり、ペンタックスあり・・・・といった感じ。
画素数もまちまちですが、そんなことは気にしない。
気に入った写真、自分が見せたい写真を並べています。

コンタックスサロン・東京で1/22(月)から1/27(土)まで開催しております。
お時間のある方はぜひ足をお運びください。
http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/salon/salon3.html


クリックすると元のサイズで表示します
一通り写真の展示が終わったコンタックスサロン。
まだ、展示業者さんの片付けとかが終わっていないので、床に道具とかが散乱していますが、とりあえず無事写真は飾られました。
写真展の展示業者さんは、相当な数の写真を見てこられた方ばかり。
その方から、インクジェットプリンターでココまで出せるのってすごいですね〜。って言われたのがうれしかった。
エプソンのPX-5800はモノクロをプリントしてもかなり追い込んでいくことができるし、カラーの色乗りもずいぶんといい。A2プリンターとしてはとってもコンパクトなボディだし、画質も素晴らしい。確かに、良い時代になったものです。
あとは、A2サイズのカット紙のラインアップがもっと増えてくれるとうれしいのだが。
用紙の良し悪しは人によっても違うし、作品のテイストによっても変わる。
もっともっとA2用紙のラインアップを増やしてください〜。
エプソン&サードパーティの用紙メーカーさん!!お願いします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ