2007/2/9

デジタル一眼レフのセットレンズ  デジタルカメラ
昨日は寒空の中、海辺でロケ。
カメラ雑誌のポートレート特集の撮影だった。
いろんなカメラ、レンズをとっかえひっかえしながら撮影したのだが、
やはりデジタル一眼レフのユーザー層が広がり、セットレンズ付きを買う人が多いということで、かなりのカットをセットレンズで撮ることとなった。
セットレンズはだいたい、28〜80mm前後相当のズームが多い。軽くてコンパクトなのだが、F値が暗いのが難点だ。
普段、単焦点レンズばかりで作品撮りをしていると、この手の軽量ズームがいかにぼけにくいのかを再認識する。ポートレートではどこまでをキチッとピントがきていて、どこからがぼけているかをコントロールすることで、絵づくりをしたりするが、ぼけないとそれもやりにくい。
一眼レフはコンパクトデジカメに比べるとぼけが大きく、背景をぼかしやすいと言われている。でも、単焦点レンズならもっとボケボケにできたりするのだ。やっぱり単焦点レンズがいいな〜、私は。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日のモデルさんはプラチナムプロダクション所属の後藤静香さん
高校の卒業式を控えたうら若き18歳。
このカットはすでに日没を直前にしためちゃくちゃ寒いときだったのだが、
撮影中は「寒い」とこぼすこともこともなく、一生懸命頑張ってくれた。
明るくてそして一生懸命な女性なので、きっとタレントとしても伸びていくことでしょう。

なんか中途半端なフレーミング、表情のようだが、これはテストシュートのカットのため。「とりあえず芝生に横になってみて〜」といって、パシャパシャと撮ったもの。
構図が悪いなどというつっこみをしないように。(ものすご〜く可愛く撮れてる写真がい〜ぱいあるのですが、誌面使用の可能性があるのでここでは使えないのが残念)

このとき撮影した写真は3/20売りの玄光社「デジタルフォトテクニック 014号」に掲載されます。
お楽しみに〜。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ