2007/2/15

デジタル一眼レフで気になるのはやっぱりファインダーの見えやすさかな  
このところカメラ誌のお仕事でいろんな種類のデジタル一眼レフカメラを使っていた。
それぞのカメラごとの特徴はあるし、ある部分はAというカメラが優れ、また別の部分はBというカメラが優れていたりする。
でも、写真を記録するための道具としてみたトータル的な性能でいえば、今発売されているどのデジタル一眼レフカメラも十分なクオリティといえる。
とくに、露出、ホワイトバランスなど絵づくりに関する部分は、ほんとうにこの1-2年で良くなったと思う。ちゃんと撮ってあげれば、それに応えた写りをしてくれるのだ。そういう意味では、どんなカメラを買ってもあまり後悔することはないだろう。

写りとしてはどれも満足なのだが、使っていて一番気になるのは、やっぱりファインダー。特に、ピントのつかみやすさだ。ポートレート撮影などではどこにピントを合わせるかがキモになる。さすがにワイドレンズでピントの山が見えないのはしかたないが、標準から中望遠ではカッチリとピントを確認したいものだ。
それに真っ向から応えてくれる(つまり満足できる)カメラというのは意外なほど少ない。一眼レフカメラって、そもそもレンズを通った光をそのまま見られるところがメリットなのだから、やっぱりファインダーだけは本気で作って欲しいと思う。
それがこの1週間くらいの撮影で一番感じたこと。

クリックすると元のサイズで表示します
先日の早朝ロケにお付き合いいただいたスターダストプロモーション寺本愛美さん。
ファッション誌なんかのモデルさんとして活躍されているだけあって、
カメラを向けると瞬時に表情が変わります。凛とした表情がとても素敵なモデルさんでした。(カメラを向けてないときはごくごく普通のとっても楽しい女の子です)
若くても頑張っている人はやっぱり素敵ですね〜。

写真はシフトレンズを使ったポートレートのテスト撮影。(テストカットなんで、普通にコート羽織ったりしてます)
あんまりシフトレンズって使うことないけど、たまに使うと楽しかったりします。
このときの写真も先日、同様、玄光社のデジタルフォトテクニック(3/20発売)に掲載されます。シフトレンズの写真にも乞うご期待!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ